フリーダ・カーロ:痛みこそ、わが真実 (「知の再発見」双書)

  • 38人登録
  • 3.46評価
    • (0)
    • (7)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 堀尾 真紀子  Christina Burrus  遠藤 ゆかり 
  • 創元社 (2008年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422212029

作品紹介

本書は20世紀前半のメキシコという特異な時空での、フリーダとディエゴという一組の男女の葛藤を浮かび上がらせて鮮やかである。それはそのままこの国のもつ多層性と神秘性を知る鍵となって、更なる深淵へと我々を向かわせるのである。

フリーダ・カーロ:痛みこそ、わが真実 (「知の再発見」双書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 眉の繋がった女性の自画像を誰でも一度は目にした事があるのじゃないかしら。
    その目の強さや生々しさにちょっと嫌悪感すら覚える。それでも目を反らす事ができないのは、彼女が生きてきた人生そのものが凝縮されてるからなんだろう。
    「飛ぶための翼を持っていれば、どうして足が必要だろうか」、いいな。
    あんな人生辿ってしまったら廃人になるか芸術家のなるしかない。

  • 思ったよりも普通に人生を真摯に生きた人というイメージ。うつくしい。

  • 4年ぐらい前にフリーダ カーロのdvd見て結構な衝撃うけたな。
    女ってなんか嫌いなんだけど、自分が女だし、女の生き方には興味がある。
    フリーダは好きだ。絵も顔も。
    でも読んだ昨日は雨だったし気分がちょっとおちこんじゃったよ。
    小さいけど絵も写真もたくさん乗ってるし、手紙と日記もすこしあるし、フリーダを全体的につかむのにはよい本と思います。

  • [ 内容 ]
    本書は20世紀前半のメキシコという特異な時空での、フリーダとディエゴという一組の男女の葛藤を浮かび上がらせて鮮やかである。
    それはそのままこの国のもつ多層性と神秘性を知る鍵となって、更なる深淵へと我々を向かわせるのである。

    [ 目次 ]
    第1章 苦痛に満ちた人生
    第2章 ディエゴ・リベラ―あらたなアイデンティティー
    第3章 爆弾のまわりに巻かれたリボン
    第4章 生命万歳!(手紙;日記;病気との戦い;讃美の言葉;証券;ディエゴとフリーダ)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
瀬尾 まいこ
湊 かなえ
遠藤 周作
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印

フリーダ・カーロ:痛みこそ、わが真実 (「知の再発見」双書)はこんな本です

ツイートする