シャーマニズム (「知の再発見」双書162)

制作 : 中沢 新一  遠藤 ゆかり 
  • 創元社
3.80
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :29
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422212227

作品紹介・あらすじ

神仏や精霊などと交流・交信する能力を持つシャーマンとは何か。占い師であり、医師であり、人間世界と精霊が住む目に見えない世界の仲介者でもある彼・彼女らの実像に迫る。シャーマニズムに関する神話の世界から自然との関わり、儀式における所作や象徴、音楽について深く掘り起こす好著。さまざまな衣装に身を包んだシャーマンの様子を伝えるカラー写真やシャーマニズムの世界を活写した図版を多数掲載。中沢新一氏監修。

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シャーマンという言葉はもともとシベリアに住むエヴェンキ族の言語に由来しロシア語に取り入れられたあと、1699年にフランス語に導入された。
    イスラム圏のシャーマニズムではシベリアの宇宙論とコーランの宇宙論がマジあっている。
    太鼓は北アジアのシャーマンがみな使っている楽器である。太鼓がなければ、シャーマンは力を発揮することも大規模な儀礼をおこなうこともできない。

  • 目に見えなくても、何かがあるのは確かなんだよね、、、

    創元社のPR
    「神仏や精霊などと交流・交信する能力を持つシャーマンとは何か。占い師であり、医師であり、人間世界と精霊が住む目に見えない世界の仲介者でもある彼・彼女らの実像に迫る。シャーマニズムに関する神話の世界から自然との関わり、儀式における所作や象徴、音楽について深く掘り起こす好著。さまざまな衣装に身を包んだシャーマンの様子を伝えるカラー写真やシャーマニズムの世界を活写した図版を多数掲載。中沢新一氏監修。」

全2件中 1 - 2件を表示

ティエリー・ザルコンヌの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フレディ ゴズラ...
サン=テグジュペ...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

シャーマニズム (「知の再発見」双書162)はこんな本です

ツイートする