水の歴史 (「知の再発見」双書163)

制作 : 沖 大幹  遠藤 ゆかり 
  • 創元社
2.33
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :27
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422212234

作品紹介・あらすじ

身の回りにあふれ、普段は気にもかけない水は、生命誕生の源であり、他の物質にはないさまざまな性質を持っている。本書は写真や科学的な模式図だけではなく、絵画や想像図などを絡めた多角的な視点から解説。また、資源としての水がクローズアップされるにつれ、水の占有などの問題が取りざたされるようになってきた。果たして人類は水を枯渇させることなく、持続可能な社会を構築できるのか、課題となる視点を提供する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1785年 ラボアジエ 水はH2O→H2、O2
    Earth:71(98%) CELL:70(30%)
    淡水化技術:蒸留法(エネルギー大)→逆浸透膜(エネルギー小)
    50L 5L(飲食)/日

  • 水なしにはどんな命も永らえることができず、文明もまた水に育まれてきた。

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
ヨルゲン・ランダ...
ヴィクトール・E...
ジェイコブ ソー...
有効な右矢印 無効な右矢印

水の歴史 (「知の再発見」双書163)はこんな本です

ツイートする