古代マヤの暦:予言・天文学・占星術 (アルケミスト双書)

制作 : 駒田曜 
  • 創元社
3.57
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (65ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422214719

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 古代マヤで使われていた「暦」を題材にした一冊。
    あちらこちらの暦についてもまとまっていて、ちょっと不思議な気持ちに。

  • p64:マヤ暦でみると、私はエツナブ(黒曜石の刃)、活発で知的だか、忘れっぽく、口が悪いらしい。

  • 請求記号・449.3/St
    資料ID・310006481

  • この手の本は、「古代には考えられない高度な文明が!」的な話に終始することが多いが、この本は限りなくその点が薄いように感じるからいい。

  • 278

  • マヤ暦だけでなく、暦が何を計ってきたのかが概観されており、とても参考になった。
    マヤ暦に関しても、金星と月と太陽とツォルキンの関係、火星、木星、土星と7と9と13の819日周期、閏日の調整がスペイン人到来の後に行われていたこと、マヤの黄道13宮としてサソリ、亀、ガラガラヘビ、コウモリがあったこと(13の月の暦のトーテム動物と関連?)や太陽の天頂通過間隔260日と105日(イサパの緯度)など、とても興味深く読んだ。
    09-57

全6件中 1 - 6件を表示

古代マヤの暦:予言・天文学・占星術 (アルケミスト双書)を本棚に登録しているひと

ツイートする