古代ローマ歴代誌:7人の王と共和政期の指導者たち

制作 : 本村 凌二  Philip Matyszak  東 真理子 
  • 創元社
3.75
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422215181

作品紹介・あらすじ

国家誕生から、共和政崩壊までの700年間の歴史を、7人の王と共和政期の指導者たちのドラマチックな生涯とともに徹底検証。イタリア半島の弱小国家ローマは、いかにして奇跡的発展をなしとげたのか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 古代ローマの建国期~王政期~共和政末期まで、すなわちロムルスからオクタウィアヌスに至るまでの、主要な指導者を概説した事典的な本。とはいえ、通読すると更に実りの多い一冊。

    各指導者の事跡について2~10ページ程度でまとめてあり、事典的に参照するのに便利である。
    一方、ローマの通史を頭に入れたうえで通読すると、古代ローマの政治の実態やその変遷、政治家や市民の習俗についての理解が深まる。
    各人の事跡は一次史料でどう扱われているかにも触れ、端的ながらも、しっかりとした歴史学の成果に立脚しているようで大変心強い。

    折に触れて、理解を深めるためのコラムも収録しているし、必要に応じてカラー刷りを用いたり、多数の図版を用いたりしていて、視覚的にも面白い。

    古代ローマに興味がある人は、続編の皇帝歴代誌と合わせて必携かもしれない。

  • 通して読んだことはない。
    たまに
    「あの皇帝はどうだったっけ?」とか、
    「この時代の皇帝は?」ってときに
    非常に役立つ優れもの。

    それほど深いわけではないが、
    家系図を含む多くの図やゴシップねたまで、
    意外と楽しめる。

  • 「あれ、あの人は何をした人だっけ?」と思ったときにかるーく調べられます。原資料まで戻るのが面倒なときにお勧め。王政期から元首政期直前までをカバー(伝説の健国王ロムルスからカエサル、共和政期のオクタヴィアヌスまで)

全3件中 1 - 3件を表示

フィリップ・マティザックの作品

ツイートする