鉄道の基礎知識

著者 :
  • 創元社
4.17
  • (3)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (411ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422240671

作品紹介・あらすじ

探求心旺盛な著者が、長年の調査・研究の成果を惜しげもなく披露、鉄道システム全般を語り尽くす。初心者からベテランまで、すべての鉄道ファンに捧げる珠玉の一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • なかなか読み応えのある鉄本だった。私の興味ある事柄が漏らさず書かれていて、時間をかけてじっくり読ませてもらった。惜しむらくは写真がカラー刷りでなかったこと。せめて巻末付録の「信号・標識」が色刷りだったら、どんなにありがたいことか。著者が、以前酷評してしまった「鉄道会社はややこしい」と同じだったとは意外だった。他の著書も読んでみよう。

  • 意外と詳細まで書いていると思う。
    笑えるのは筆者の「書き癖」なのか、「~次第。」との言葉が散見されること。

  • 基礎知識といっても、二段組み400頁であるから、内容は詳細にわたっている。だが、小学生くらいで読破すれば鉄道博士と云われるのだろうが、大人の「鉄ちゃん」には物足りない内容なのかもしれない。
    写真や資料が豊富で見ていて飽きないが、一般的には殆ど知らなくても困らない内容が多いので、鉄道に興味のない人にはつまらない内容だと思う。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

交通史・文化研究家。旅行作家。1960年東京都生まれ。日本工業大学卒業。神戸市在住。

著書:『「快速」と「準急」はどっちが早い? 鉄道のオキテはややこしい』『鉄道フリーきっぷ 達人の旅ワザ』『日本の鉄道 乗り換え・乗り継ぎの達人』(以上、光文社新書)、『鉄道会社はややこしい 「相互直通運転」の知られざるからくりに迫る!』(第38回交通図書賞受賞)『鉄道地図は謎だらけ』(以上、光文社知恵の森文庫)『時刻表タイムトラベル』(ちくま新書)『鉄道地図 残念な歴史』(ちくま文庫)『鉄道手帳』各年版、『鉄道の基礎知識[増補改訂版]』『国鉄の基礎知識』『東京の地下鉄相互直通ガイド』『EF58 国鉄最末期のモノクロ風景』(以上、創元社)など多数。

「2021年 『飯田線のEF58』 で使われていた紹介文から引用しています。」

所澤秀樹の作品

ツイートする
×