カリスマ案内人と行く 大阪まち歩き

著者 :
  • 創元社
2.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 32
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422250656

作品紹介・あらすじ

カリスマ案内人の眼を通して大阪を見直してみたら、普段通り過ぎていた随所に魅力的な宝が発見できた。既存の観光ルートでは得られない「まち歩き体験」をするための"虫の眼"都市探検案内。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <閲覧スタッフより>
    関西に住んでいる人なら大阪によく行きますよね。そんな大阪のまちをカリスマ案内人が紹介しています。普段は気づかず通り過ぎていた随所に魅力的な場所がたくさんあります。この本を片手にまち歩きしたら新たな発見があるかもしれません。
    -------------------------------------
    所在番号:291.63||クリ
    資料番号:20101061
    -------------------------------------

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:291.63||K
    資料ID:95140797

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

大阪ガス(株)エネルギー・文化研究所主席研究員。大阪生まれ。一九八八年奈良女子大学卒業後、大阪ガス(株)に入社。一九九一年秋より現職。関西の活性化の一環で、まちの個性や本質を歴史・文化的側面から探究し、「ストーリー」による都市魅力の発掘・創造に取り組む。「語りべシアター」公演活動を展開する一方で、フィールドワークやインタビューを中心とした執筆も行う。著書『カリスマ案内人と行く大阪まち歩き』『大阪まちブランド探訪――まちづくりを遊ぶ・愉しむ』(以上、創元社)、『大阪水の都に浮かぶ劇場』(KBI出版)、共著書『大阪の教科書――大阪検定公式テキスト』『大阪力事典――まちの愉しみ・まちの文化』『大阪まち物語』(以上、創元社)、『大阪府謎解き散歩』(中経出版)、『大阪の近代建築と企業文化(新なにわ塾叢書)』(ブレーンセンター)ほか。

「2018年 『地域愛を育てる物語のつくり方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

栗本智代の作品

ツイートする