日本外交:現場からの証言

著者 :
  • 創元社
3.83
  • (0)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422300665

作品紹介・あらすじ

外交とは「異なる価値観と利益の調整」、そして交渉における勝利の概念はいかに相手から奪うかではなく「いかにして相手の信用を勝ち取るか」につきる。外交の修羅場をくぐり抜けてきた著者自身の豊富な実務経験から、日本外交の背後にあるものを探り、その本質を見極めた斬新な一冊。第2回山本七平賞受賞作品が、新たな装いで復刊。危機と混乱の渦中にある日本再生の戦略とは何か。「自立した日本」への道筋が明らかになる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なるほど「外交」とはこういうものかと、新しい知見を得た思いをもった。
    「異なる価値観との調整が外交の核心」とは、ややもすれば国内事情よりの主張を「国益」として押し出すのみの傾向をハッキリ否定する小気味良い納得できる主張である。
    ともすれば対米従属のみが日本の生きる道と主張する人々にはぜひ読んでほしい本である。
    ちようどアメリカ大統領にトランプが就任した。安倍首相は現在トランプの下に駆けつけるのに必死のようであるが、日本はあの男についていって大丈夫なのだろうか。極めて不安である。
    各国の国内事情と国益が交錯する現在こそ、本書のような視点が重要となると思った。

    2017年1月読了。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1943年、旧満州国鞍山生まれ。66年、東京大学法学部を中退し、外務省に入省。英国、米国、ソ連、イラク、カナダ駐在を経て、情報調査局分析課長、駐ウズベキスタン大使、国際情報局長、駐イラン大使を歴任。2002年から防衛大学校教授に就き、09年に退官。『日本外交 現場からの証言』(中公新書)で山本七平賞を受賞。著書はほかに『日米同盟の正体 迷走する安全保障』(講談社現代新書)、『戦後史の正体』(創元社)、『日本を疑うニュースの論点』(角川学芸出版)、『日米開戦の正体』(祥伝社)、『小説外務省 尖閣問題の正体』『小説外務省Ⅱ 陰謀渦巻く中東』(以上、現代書館)などがある。

孫崎享の作品

ツイートする