対人援助職の燃え尽きを防ぐ:個人・組織の専門性を高めるために

著者 :
  • 創元社
3.57
  • (0)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422320601

作品紹介・あらすじ

対人援助職の職業病ともいわれる燃え尽き症候群(バーンアウト)は、個人と組織の専門性を高めることで防げる。高度な感情コントロールも含めた専門性の向上によって、精神的疲労や対人ストレスの軽減をめざす。福祉職、看護師、保育士、教師、心理士…すべての対人援助職のあなたへ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 愚痴の聞き方は参考になった。
    スーパービジョンが必要であることは現場でも実践している。
    基礎的な内容。

  • 2014、10、30
    愚痴の聞き方は避雷針。つまり忘れる。ただ相手がどのような気持ちかどのような状況かを聴く。そして忘れる。
    共感と同情は違う。共感は、自分の気持ちは置いといて、相手の気持ちになって考えること。自分と相手らまったく別の存在である前提。
    あえて、相手の良いところを探す。
    信頼できる人は、話す人でなく、聴く人。

  • フォトリ39。
    内容は基本的。正道を押さえて解説してくれています。最終章で個人のブレイクスルーを支えるのは組織の責任と明言してくれている点が◯。スーパーバイス事例をもっと読みたいと感じました。

全3件中 1 - 3件を表示

対人援助職の燃え尽きを防ぐ:個人・組織の専門性を高めるためにのその他の作品

植田寿之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする