喜劇としての国際ビジネス: 私が出会った〈一流〉という名の怪優たち

制作 : 松田 和也 
  • 創元社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422340012

作品紹介・あらすじ

ドバイ・国連・アンゴラ・セネガル・ロシア・中国など、文字通り世界中を股にかけて活躍する法律家が、過去20年の間に経験した、あり得ない話が満載の実話集。権力者およびその取り巻きの肥大した虚像が剥がされ、<一流>を自認するビジネス・エリートのペテン師ぶりがあらわになる、爆笑ノンフィクション。激しい競争や闘争の中、まともな感覚を保つとはいったいどういうことかを知るためにも最適な、異色の国際ビジネス入門。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【伏魔殿でお茶を】世界各地の大物たちとビジネスをしてきた著者が,その「どうしようもない」内実を描いたノンフィクション。権力欲を始めとしたあらゆる情念が渦巻く中で,思わず真偽を疑いたくなるホントの話が次々と飛び出してきます。著者は,コンサルタントとして金融教育等に関する多くの助言を授けてきたダニエル・レヴィン。訳者は,翻訳家として活躍する松田和也。原題は,『Nothing but a Circus: Misadventures among the Powerful』。

    著者の失敗話で幕を開けるのですが,本書の白眉は中盤のロシア部分。政治とビジネスが絡み合いながら取り返しのつかない事態が展開していく様は非常にスリリングでした。教科書的には絶対に学べない「政治経済学」を知ることができる点で非常に魅力溢れる一冊です。

    〜「行くなら行け,行かないなら行くな。けど行くんなら,楽園を期待するな。」〜

    やっぱり痛い目にあっておくって大切なんですね☆5つ

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

弁護士資格を持つアメリカ人法律家。外交官の息子として、多感な幼少期を中東およびアフリカで過し、多様な文化、言語、宗教に親しむ。法律を学び、研究職を経て法律家と して独立。20年に亘り、世界各国の政府および研究機関と協同し、金融リテラシや政治的包摂を通じた経済発展と政治改革を推進する活動に従事する。この間、革新的な政治モデル、金融教育、改革イニシアティヴに関する数多くのシンクタンクに参加。過去5年の間、多くの君主国に助言し、その体制内での民主的法制の増進に尽力する。また、紛争地域における調停にも携わり、現在、〈リヒテンシュタイン・ファウンデーション・フォー・ステイト・ガヴァナンス〉役員。既婚、子供は二人。ニューヨーク・シティ郊外在住。本書が初の著作となる。

「2017年 『喜劇としての国際ビジネス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

喜劇としての国際ビジネス: 私が出会った〈一流〉という名の怪優たちのその他の作品

ダニエル・レヴィンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック・H. ...
ギャビン ニュー...
トマ・ピケティ
カルロ ロヴェッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

喜劇としての国際ビジネス: 私が出会った〈一流〉という名の怪優たちを本棚に登録しているひと

ツイートする