現地嫌いなフィールド言語学者、かく語りき。

著者 :
  • 創元社
3.85
  • (15)
  • (29)
  • (12)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 447
感想 : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422390031

作品紹介・あらすじ

ブルシャスキー語、ドマーキ語、コワール語、カラーシャ語、カティ語、ドマー語、シナー語……。
文字のない小さな言語を追って、パキスタン・インドの山奥へ――。

著者は国立民族学博物館に勤務するフィールド言語学者。パキスタンとインドの山奥で、ブルシャスキー語をはじめ、話者人口の少ない七つの言語を調査している。調査は現地で協力者を探すことに始まり、谷ごとに異なる言語を聞き取り、単語や諺を集め、物語を記録するなど、その過程は地道なものである。現地の過酷な生活環境に心折れそうになりつつも、独り調査を積み重ねてきた著者が、独自のユーモアを交えつつ淡々と綴る、思索に満ちた研究の記録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • フィールド言語学者である著者、吉岡乾先生が、自身の調査対象であるパキスタン周辺の7つの言語と、フィールド調査での体験などをユーモアたっぷりに紹介した、アウトリーチの本。

    言葉というものは人々の暮らしや文化と非常に深く関係しているが、それが文字化されていない言語であれば、一層その要素は強いと思う。そして、自称「現地嫌い」の著者の吉岡先生は現地に赴く。

    「現地調査」というと、いろんな国に行けて楽しそう、というイメージがなくもないが、実際には、現地で調査に協力してもらうため、適性のある「インフォーマント」を探すのも簡単ではないであろうし、現地の人がもてなしのつもりで出してくれる食べ物や飲み物は、衛生面などに不安を感じても断るわけにはいかないなど、苦労も多いということがよくわかる。

    また、近年、社会的意味のある研究やわかりやすい研究が好まれがちなことについて、商品開発や特許取得などの金銭的メリットが明白な工学系の研究と違い、いわゆる「文系」の学問は、どちらかといえば、精神の涵養のための分野であって、一朝一夕に社会を豊かにできる類のものではないが、だからといって不要だというのは、「日本社会に精神的豊かさは要らない」といった浅ましく、利己的で、眼前しかビジョンが開けていない発想だと嘆く。
    「それが研究である限り、無駄な研究などないのだ。解ってくれ。」というのは、吉岡先生に限らず、多くの研究者が感じていることだろう。そして、政府はすぐに役立つ研究ではなくても、いつか何かが起きたときに誰かの役に立つように、幅広い分野の研究に研究費をつけるべきだし、研究者は成果を公開したり説明したりする必要があるのではないか。

    ちなみに、言語学者が必ずしもその言葉に達者なわけではないとのことだが、複数の言語を研究し、数年に一度現地を訪れたときに話せること自体、十分卓越した能力だと思う。(私は英語でさえ、しばらく使わないでいると単語が出てこない。。汗)

  • 著者が研究している(ほとんど聞いたことのない)言語自体に興味が湧いた。けれども本書でもっとも面白いと感じたのは「研究のあり方」について書かれた2章と、「なくなりそうなことば」についての3章。特に「なくなりそうなことば」については別に著書があるそうなので、そちらも読んでみたいと思う。研究のアウトリーチの一環(122ページ)だという本書は、それなりに目的を果たしていると思う。けれども変に口語に寄せた文体や「独自のユーモア」は本書の内容を豊かにしていない。地道な研究スタイルをもっとまじめな筆致で記述した方が、読んでいて面白い本になったかもしれない。

  • 知的な冒険の書でした。言語学に関心や知識がなくても、自分の頭を耕そうという気持ちがあれば楽しく読めます。
    一部強弁に感じるところもありますが、著者の知性に対して誠実な人柄を感じました。

    本書の主題からちょっと外れますが、大学で文系を選んでしまった方やこれから選ぼうという方は、第2章を読んでみてください。
    文系の学問って何のためにあるんだろうとか、どんな価値や意味があるんだろうとか、なんで自分は文系を選んだんだろう…といったことを考えたり、誰かに説明するときにヒントになるかもしれません。

    あと、昨今の日本の知的活動のあり方やメディアでの取り上げ方に関する警鐘。「面白ければ良い」だけでは、知は滅ぶ。↓

    「残念ながら、近年日本も〜ワケ知り顔で甘い「研究」を吹聴し、派手な「研究者」を舁きあげて、地味でじれったい研究に勤しむ人々を無下に扱う。圧倒的大学進学率を誇りながら、知的世界との交流を敬遠し、安易な表現の派手な演出にばかり親しんだ。紋切り型でひたすらウケするフェイクへの学術的な反論を煙たがり、「面白ければ良い」という愚にもつかぬ主張で正当化できていると思い込む。負の循環で再生産され続けるその風潮は、社会的同調圧力との乗算で渦巻く瘴気となって四方を覆い尽くし、まつろわぬ者へ社会不適合者の烙印を捺しだす。利益を呼ぶ研究だけが社会に必要なのだ、と。〜」(P123)

  • 面白かったです。
    タイトルの通り、筆者はフィールド言語学者でありながら、ブルシャスキー語が通用するパキスタンの奥地に行くことを億劫に思っています。そんな筆者のエッセイ集ですが、世界に正書法の存在する言語が半分しかないことや、方言と言語の区別は非常に曖昧であることなど、興味深いトピックが出てきます。
    個人的には、「フンザ人からパキスタン人へ」という話が好きです。フンザ人は、筆者が10数年追いかけているブルシャスキー語の母語話者で、フンザ谷というパキスタン奥地に住んでいます。筆者は当初、彼らの村的なあたたかさに感動しており、フンザ人自身も1974年までフンザ藩王国に属していたこともあり、下界のパキスタン人と俺たちは違うという強い意識を持っていました。それが、いつの間にかインフラが整備され、観光客も増え、普通のパキスタン人のようにお金大好きになってしまったことを、筆者は嘆いています。
    僕個人としては、経済が発展して田舎が商業主義的になってしまうことは、必ずしも悪ではない。都市から来る観光客こそ商業主義や資本主義の恩恵を受けており、田舎の住人にそうであるなと求めることはエゴだと思います。一方で、インターネットの発達もあるとは思いますが、経済発展により景観は一様になり、人々の嗜好やライフスタイルも均一化する流れがあります。我儘だとは思いつつも、すれていない素朴で美しい土地が残って欲しいと願わずにはいられません。

  • 『なくなりそうな世界のことば』で少数言語に興味を持ち、著書のエッセイを手にした。
    巻末の編集者による「あとがきに代えて」にある、「すぐに分かろうとしたり役立とうとしない懐の深さ」というのが、本書と著者の肝であり魅力かと。

    複雑な事象を「分かりやすく」してしまう誘惑に陥りがちな昨今において、分かりにくくてしんどいです、ということを真っ直ぐに伝える姿勢に学者としての誠実さを感じた。

    こんなにも骨折れる作業しているからには、さぞかし研究対象への愛情や熱意が凄いんだろうなと思いきや、そうでもないところがリアル。

    確かに仕事って、とっても好きってわけじゃないけど納得いくまでやらないと気が済まないし、嫌な事も多々あるけど達成感を感じる瞬間もあるから完全に嫌いにはなれないもので、言語学者であれ何であれ仕事ってそんなものだよなあと納得。

    インド・パキスタン・アフガニスタンのとある地方と言っても、多様な民族と言語と方言が複雑なグラデーションになっていることに驚かされ、
    ひとくくりにできない魅力と面倒臭さを垣間見た。多様すぎて、どうやったらこの地域にとっていいことなのか(その「いいこと」とは誰にとって?)、知れば知るほど分からなくなる気がする。。

    少数言語については確かに実用性は無いが、実用性のあるものって現在で役に立っても、時が経って見直されて価値が見出されるのはどちらかと言うと実用性の乏しいマイナーなものかもしれない。噴火によって消滅したタンボラ語とか、とても興味深いし数少ない資料は大変貴重。

    派手な成果ばかりが評価されがちな世知辛さの中で、数十年数百年後の未来のために、社会や教育が変質していっても、このような学者が絶えないことを願う。(著者は「むやみやたらと学者に憧れを抱くのを阻むことで不幸な人を減らしたい」旨のことを言ってるが)

  •  パキスタンやインドの山奥の谷間の村とかで、日本人は誰も知らないんじゃないかと思うくらいの「マイナーな」言語をいくつか調査するフィールド言語学者のエッセイ。「いつだって調査に行く際には、出発前から早く帰りたいと思っている」(p.21)し、「内向的でお喋りが苦手なタイプ」(p.549の著者が、現地で散々な目にあっても「歯を食い縛って耐える」(p.55)という話が中心に語られる。
     著者は読書好きだからなのか、文体はこなれた感じで小気味良い?感じなので、わりと面白い。ただ自虐や愚痴、あるいはメディアや社会情勢に対する真っ当な批判もあるけれど、ほとんどがネガティブな話題なので、なんとなく途中からお腹一杯になってしまう感はあるが、類書にはない話題なので、それなりに面白い。それでも一番印象的なのは、「好まれる『研究』と、じれったい研究」の章かな。「知識は、役立てられる人が役立てたければ役立てれば良いのである。たとい世界中の人が見向きもしない知識であっても、いつかどこかでたった一人でも役立てられれば、無駄ではない。(略)世界や社会がそんなにシンプルではないからこそ、あらゆる現象に研究者たちは取り組んでいるのである。それが研究である限り、無駄な研究などないのだ。解ってくれ。」(pp.124-5)の部分が、最も切実に聞こえる。この部分を今の中高生はどれくらい理解(しようと)するのだろうか。少なくともおれは、色んな生き方があっていいんじゃない、と思うから、害を生まなければ何でも認められるべきだと思っているくらいなのだけれど。おれがそれに関わるかどうかは別問題として。さらに、「『面白ければ良い』という愚にも付かぬ主張で正当化できていると思い込む。負の循環で再生産されつづけるその風潮は、社会的同調圧力との乗算で渦巻く瘴気となって四方を覆い尽くし、順わぬ者へ社会不適合の烙印を捺しだす。利益を呼ぶ研究だけが社会に必要なのだ、と。」(pp.123-4)の部分は、著者の筆致の勢いに押される部分もあるけれど、この不寛容とか視野狭窄ぶりというのは本当に嫌だなあと、暗い気持ちになった。
     それから研究者ならではの愚痴とか実情という話は他にもあって、「研究が進んでいない言語」(p.267)があって、なぜ研究が進んでいないのかという理由の1つに、「研究ペースの遅い大物が幅を利かせている」(p.268)というのがあるらしい。それから「言語学と宇宙物理学と、全く異なる分野なのに、手持ちの知識が突如として関連付けられて、ホクホクした」(p.260)とか、知識同士が結びつく興奮というのはやっぱり普遍的にあるんだなあと思った。
     最後に、やっぱり一応おれは言語学を少し勉強した人だから、言語の話は面白いと思った。「ドマーキ語」がそれに当たるらしいが、特にいわゆる「少数言語」において「諺のたぐいがすでに失われてしまっている」(p.101)というのは、「言語を生物に擬えて言えば、臓器が一つ不全になった程度に深刻な消失であるように思われる」(同)というのは、なるほどと思った話だった。その言語独自の諺や慣用句というものは、その話者の生活の知恵とか習わしの伝承という点でのバロメーターになるということが分かった。それから、よくエスキモーの言葉は雪の語彙が、とか日本語は雨の語彙が、という、サピア・ウォーフの仮説みたいな話に出てくる例のところで、「カティ語には牧畜関係の語彙が多い」(p.230)というのが面白いと思った。牛の名称だけで背中にどんな模様が入っているか、語彙が違うらしい。山羊も。糞の語彙も。へえ。最後に、日本語って「近年まで、系統的孤立語として考えられてきた」(p.182)けど、今は「日琉語族」なんだって、というのは聖徳太子が厩戸王になるのと同じ程度の驚きを覚えた。日琉語族?大学の時は全然聞いたことない。新しい日本語学の本を読まなきゃ、と思う。(21/11)

  • 専門的な部分はさっと読むだけだと理解できないところもあるけど(これは著者じゃなくて僕の能力の問題として)それでもハッとさせられるような文章に出会ったり、かわいい一面を覗けたりする、専門家によるエッセイ。

    価値観を押し付けず、誰も傷つけずに主体的な選択がされるかもしれないような行動をとる著者の優しさと真摯な態度が好き。

  • 802-Y
    閲覧

  • いかにも言語学な言語の解説のところはざっと読んだ。理解しようとしたらそこで止まってしまいそうだったから。
    フィールドでの調査の話がおもしろい。

    JR大阪駅のエキマルシェにあったドライフルーツのお店にフンザ産の干し杏があった。結構なお値段だったのだが、お店の人は「本当にフンザの民家の屋根の上で天日干しした杏です」って言ってた。フンザの民家で商業ベースの干し杏作ってるのかなー。杏の花と杏の実と干し杏とそれぞれブルシャスキー語でなんというのだろう。
    「今日からは話せない! ブルシャスキー語門前講座」第2回があったら参加したい!

  • 巻末の「あとがきに代えて」で編集の方も述べられてますが、この先生は“分かりにくい”。
    書いてある内容は分かりやすいし、先生の生い立ちだってそんなに不思議じゃない。
    でもこの先生は文句を言いながら現地に行って、それでいて楽しそうにその内容を語るのです。
    文句と建前と喜びと驚きをたくさん混ぜながら語るのです。自慢話か苦労話か、判断に困るやつを。

    ……これは私が大好きな、ちょっとめんどくさい大人の、すっごくたのしい話、なんですよ。
    こういうの好きな人、私だけじゃないですよね?

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

吉岡乾(よしおか・のぼる)
国立民族学博物館准教授。専門は記述言語学。博士(学術)。1979年12月、千葉県船橋市生まれ。2012年5月、東京外国語大学大学院博士課程単位取得退学。同9月に博士号取得。博士論文の題は「A Reference Grammar of Eastern Burushaski」。2014年より、現職。
大学院へ進学した2003年よりブルシャスキー語の研究を開始し、その後、パキスタン北西部からインド北西部に亙る地域で、合わせて7つほどの言語を、記述的に調査・研究している。著書に『なくなりそうな世界のことば』『現地嫌いなフィールド言語学者、かく語りき。』(ともに創元社)。

「2021年 『フィールド言語学者、巣ごもる。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉岡乾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐藤 雅彦
エラ・フランシス...
アントニオ・G・...
ミヒャエル・エン...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×