驚異の未来生物: 人類が消えた1000万年後の世界

制作 : 森 健人  遠藤 ゆかり 
  • 創元社
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422430256

作品紹介・あらすじ

地上から誰一人いなくなった未来の地球。しかし、生命は死に絶えていなかった――獰猛な巨大イカやキリンのような鳥、空を滑るように飛ぶオオムカデ、凶暴なウニなど、未来の海、森、砂漠に棲息する驚愕のクリーチャーたち。古生物学者とCGクリエイターがタッグを組み、科学的イマジネーションを駆使して生まれた、進化を遂げたハイクオリティCGと臨場感あふれるストーリーが織りなす壮大な知的SFエンターテインメント。【本書に登場する未来生物 全20種】発光する潜水服「ステゴイクチス・ルミノスス」深海の巨大なオタマジャクシ「ベントギリヌス・ギガンテウス」頭足類の皇帝「ロンボセピア・インペラトール」魚竜のようなペンギン「ネオピゴセリス・デンタトゥス」推進するウミツバメ「プロペロネクテス・ブリアーニ」曲芸飛行をするコウモリ「ヴェロキプテルス・アクロバトゥス」巨大な空の影「ギガプテルス・トロポスフェルス」新種のダチョウ「ストルティオプス・フィリプクディクキ」未来のクサシギ「トリンガプテルス」殺し屋のウニ「ネオキダリス・シュワルツェネッゲリ」カラフルで巨大なカモ「ハドロルニス・ラエトゥス」肉食恐竜のようなオウム「ティラノルニス・レックス」滑るように飛ぶオオムカデ「スコロペンドラ・ヴォラン」キリンのような鳥「ジラフォルニス・ヴァンダイキ」死の翼「ネクロプテリス・ギゲリ」未来の卵食い「ネオヴィラプトル・ブレヴィリンクス」夜の吸血鬼「ノスフェラポダ・キンスキー」地中に暮らす鳥「タルピドルニス・セシャニ」進化したトウダイグサ「ネオフォルビア・ウェルシ」頭に羽のついたハチドリ「コッシマ・マニフィセンス」

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  今からちょっと後、ペルム紀末期クラスの気合の入った第カタストロフが地上の生物をけっこう粉砕し、一千万年くらゐたった頃。
     南米のネオ深海ではオタマジャクシが、ちょっとでかい雑魚としてのナマズを喰ひ、天空を蝙蝠が飛翔し、海洋は、全力で魚類を主張してゐるイカが蔓延る。

     D・ディクソンの『フューチャー・イズ・ワイルド』では、少し寒いアメリカ大陸で、昼行性のでかいコウモリが社会性の鳥を食ってゐるが、ここでもさう言ふナニがある。CGアートが、けっこう説得力を持つ。

  • 請求記号 460/B 67

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・アンダー...
カルロ ロヴェッ...
米澤 穂信
又吉 直樹
トッド・マクレラ...
ヴィクトール・E...
朝井 リョウ
アレックス・ジョ...
米澤 穂信
ナンシー・デュア...
なかむら るみ
有効な右矢印 無効な右矢印

驚異の未来生物: 人類が消えた1000万年後の世界はこんな本です

ツイートする