不思議で美しい貝の図鑑

制作 : 高田良二  高田良二 
  • 創元社
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422440040

作品紹介・あらすじ

これが本当に貝なのか――わずか数センチの殻に神秘的な色彩と造形を宿す貝に、私たち人類は古代から魅了され、貨幣や装飾品など様々な形で用いてきた。そんな宝石とも工芸品とも見紛う極小の貝の美を、30年以上にわたり自然界の生き物を撮り続けてきた世界的写真家が再発見、300点を超えるカラー写真に焼きつけた。高度なマクロ技術を駆使した美麗写真と最新の学術的解説が織りなす、今までにないスーパー・ビジュアル図鑑。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 請求記号 484/St 2

  • 【配置場所】工大特集コーナー【請求記号】
    【資料ID】

  • 【趣味】不思議で美しい貝の図鑑/ポール・スタロスタ、ジャック・センダース/20160107(2/428)<222/29848>
    ◆きっかけ
    ・Fがあさりを食べるのが好きになって、貝のことを知りたそうだったので、ネットで探して見つけた本。

    ◆感想
    ・自然美の塊

    ◆引用
    ・ゾウゲバイ
    ・オオイトカケガイ
    ・フローレスマイマイ
    ・コダママイマイ
    ・サオトメイトヒキマイマイ

  • 人生の中で、出会ったことのない貝ばかり

    ムラサキイガレイシガイ
    アマガイモキ
    チマキボラ
    ホンシャジクガイ
    ミナミノテラマチボラ
    セキトリコウホネガイ
    がきれいだった。

  • 海外で出版された貝類写真集に、西宮市貝類館の学芸員高田氏が貝の解説を翻訳、そして日本のコレクター向けに加筆した美しい図鑑。
    学者目線で無くコレクター目線で書かれた本書は、アマチュアの貝類愛好家にはうってつけの一書と思う。
    貝の世界の奥深さを感じ、自然の造形美の不思議さに見とれた。

全5件中 1 - 5件を表示
ツイートする