翻訳できない世界のことば

制作 : 前田 まゆみ 
  • 創元社
4.05
  • (172)
  • (177)
  • (111)
  • (13)
  • (3)
本棚登録 : 2367
レビュー : 245
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422701042

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「積読」なんてのが翻訳できないんだねえ。面白い。

  • 隱ャ譏弱☆繧九→邨先ァ九↑蛻??縺ォ縺ェ繧区ヲょソオ繧貞腰隱槭→縺励※谿九@縺ヲ縺?k縺ィ縺?≧縺薙→縺ッ縲√◎縺ョ險?闡峨r隧ア縺吩ココ縺溘■縺ォ縺ィ縺」縺ヲ縺昴?讎ょソオ縺ッ縺ィ縺ヲ繧ょ、ァ莠九↑繧ゅ?縺ェ繧薙□繧阪≧縲ゅ◎繧薙↑縺薙→繧呈?昴>縺、縺、縲∝慍蝗ウ縺ァ蝗ス縺ョ菴咲スョ繧堤「コ隱阪@縺溘j縺吶k縺ィ縺ェ繧薙□縺玖?蛻??荳也阜繧ょコ?′縺」縺溘h縺?↑豌励↓縺ェ繧九?ゅ≠縺上∪縺ァ繧よー怜?縺?縺代□縺代←窶ヲ窶ヲ縲ゅ≠縺ィ縲∫峩險ウ縺ォ隧ゥ蠢?r諢溘§繧九°繧峨□繧阪≧縺九?∬ゥゥ髮?r隱ュ繧薙□縺ィ縺阪?繧医≧縺ェ隱ュ蠕梧─縺後≠繧九?

  • 2016-5-21

  • 思ったより絵本に近い本だった。
    「トレップヴェルテル(あとになって思いうかんだ、当意即妙な言葉の返し方」はあるあるで便利な感じの名詞なので覚えておきたい。
    日本語からもいくつか言葉が紹介されていますけど、「積ん読」が含まれているのはクスッとしました。
    まだ一般的な言葉とは言い切れないけど、とても便利でよく使うやつ。

  • すんなりあてはまる言葉がないことばが世界にはある。というニュアンスを表現した本。ドイツの妻への言葉がウケた。

  • ノルウェー語のポーレッグはパンにのせて食べるもの、何でも全部。マレー語のビサンザプラはバナナを食べる時の所用時間。フィンランド語のポロンクセマはトナカイが休憩なしで、疲れず移動できる距離。その地域の特徴があっておもしろい。イタリア語のコンムオーベレは涙ぐむような物語にふれたとき、感動して、胸が熱くなる。スウェーデン語のモーンガータは水面にうつった道のように見える月明かり。イヌイット語のイクトゥアルポクはだれか来ているのではないかと期待して、何度も何度も外に出て見てみること。ポルトガル語のサウダージは郷愁。日本語は木漏れ日、ぼけっと、わびさび。

  • 言語を知るってよりも絵本として
    眺めて楽しむ本だと思った。

  • タイトルとコンセプトに魅せられて。

    タイトルとコンセプトで期待が膨らみ過ぎたか、
    チョイスされた言葉とその説明文には、
    ちょっと物足りなさが残った。

    以下、印象に残った言葉。

    キリグ(@タガログ語):
    おなかの中に蝶が舞っている気分

    ジュガール(@ヒンディー語):
    最低限の道具や材料で、どうにかして問題解決する

    フィーカ(@スウェーデン語):
    仕事の手を休め休憩するために集うこと

    ヴァシランド(@スペイン語):
    どこへ行くかよりも、どんな経験をするかを重視する旅

  • 友人からプレゼントで頂いた本。
    タイトルの通り、世界各国の「翻訳できない言葉」が可愛いイラストとともにたくさん紹介されている。
    分かりやすく日本語の例を挙げると、「木漏れ日」「ボケっと」「積ん読」などが載っている。
    その国の人でその言葉を知っていればすぐにどういうことか分かるけれど、それをよその国の人に一言で伝えるのは難しい。
    たった一言なのに、とても深い意味があったりする。美しかったり、ロマンティックだったり、愛に溢れていたり、ちょっぴり怖かったり。
    ページをめくるのが楽しく、そして感心できる本。
    私も誰かにプレゼントしたいな、と思う。

  • ことばの面白さもですが、イラストがとんでもなくお洒落です。使ってみたいと思うことばに沢山出会えました。

全245件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

エラ・フランシス・サンダース(Ella Frances Sanders)

必然としてライターになり、偶然イラストレーターになった。現在はイギリスのバースに住んでいる。彼女の最初の本"Lost in Translation: An Illustrated Compendium of Untranslatable Words from Around the World"(邦題:翻訳できない世界のことば)はニューヨークタイムズのベストセラーになり、二作目の"The Illustrated Book of Sayings: Curious Expressions from Around the World"(邦題:誰も知らない世界のことわざ)とともに、8カ国語に翻訳されている。ホームページ:ellafrancessanders.com そのほかのソーシャルメディアにも出没。

「2019年 『ことばにできない宇宙のふしぎ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

翻訳できない世界のことばのその他の作品

翻訳できない世界のことば Kindle版 翻訳できない世界のことば エラ・フランシス・サンダース

エラ・フランシス・サンダースの作品

ツイートする