作品紹介・あらすじ

――3.11と子どもの本の作家たち。現代を代表する絵本作家たちが描く、震災をめぐる或る日の記憶。*『翻訳できない世界のことば』のイラストブックシリーズ。*現代を代表する絵本作家たちによる、絵とエッセイを収録。*初のエッセイ書き下ろしとなる作家も多数。【イラストとエッセイ】(五十音順)阿部海太/荒井良二/飯野和好/石黒亜矢子/植田真/及川賢治/大畑いくの/加藤休ミ/軽部武宏/きくちちき/坂本千明/ささめやゆき/スズキコージ/高山なおみ/tupera tupera 亀山達矢/寺門孝之/中川学/中野真典/nakaban/長谷川義史/ハダタカヒト/原マスミ/樋口佳絵/穂村弘/牧野千穂/町田尚子/ミロコマチコ/村上慧/本橋成一/本秀康/ヨシタケシンスケ/吉田尚令【編者より】(前書きより抄録)僕は絵本編集者だ。2002年からこの仕事をしているのだが、2011年3月11日以降、出る絵本の傾向が変わったと感じるようになった。生命力にあふれたもの、逆に死をテーマにしたものも増え、以前なら「怖い」といって避けられたようなインパクトのある絵や物語を描く絵本作家も多くなった。僕が日々感じる「楽しい」も「嬉しい」も「悲しい」も「寂しい」も、その根っこはあの日を境に大きく変わった。読者の中にも見えない、でも消えない感覚がうずき始めたのかもしれない。そして、絵本作家はそのことをより切実に抱え込んで、絵と言葉を紡ぎ始めたように思えるのだ。§この本は32人の絵本作家による、ごくごく個人的なエピソードの集積で出来ている。それは一見あなたには関係ない、もしかしたら些細に思える、あの日にまつわる、ある日の物語。しかし、読み進めるうちに、いつしか自分を重ねる瞬間がやってくるかも知れない。自分の物語を誰かに聞いて欲しい。近しい誰かの物語を知りたい。他の誰かが抱えているものを、気持ちを、共有することはきっと出来ない。それでも、みんなあの日から同じ地続きの日々を生きている。何かを乗り越えたりせず、ただただ抱えて生きている。§あの日にまつわる、個人的な、他人にとっては些細な物語。そんな物語を沢山聞いてみたい。どこからでも、この本を開けば、誰かのそんな瞬間の物語に出会う事ができる。そしてそれを、心強く思う日があるかも知れない。あの日からの絵と言葉の物語は、僕やあなたと同じ日々を歩んでいるはずだ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 震源地からは離れた千葉県に住んでいますが、液状化で自宅が全壊しました。
    あえて言えば「そのとき」はまだ良かったのです。ひずみは3年ほどたったころに、家族の中で一番柔らかい心を持っている人に現れました。家族の一人ひとりがみんな少しずつ無理をしていました。その人は一番がんばらなくていい立場でした。だから誰もが、その人にあからさまではない八つ当たりをしてしまっていたんです。蝕んでごめんねと言葉にするのはあまりに身勝手でできません。
    大きすぎる不公平な災厄は、直接の被災者とは言えなくても、波紋のように人を当事者にしていきます。でもつい比較してしまって、こんなのは大したことじゃないと思おうとする気持ちが働くので、自分が重たい荷物を持ってしまったことに気づくのが遅れて、あっちこっち傷めたりします。
    そんなふうに気づかないことにしてしまっていた荷物を、この絵本は肯定してくれます。重たかったよねと共感してくれます。
    今だから、ほしい本です。読んでよかったです。

  • アトリエで仕事をしていた人、個展会場にいた人、神戸の地震にも遭った人・・・、32人の作家が、3月11日当日のことやその日を経ての今を、絵と言葉で語るアンソロジー。
    震災によって自分の中に生まれた思いや感情を、うまくあらわせずもどかしくても、表現することを生業にする作家さんたちの絵や言葉が、代わりに外に出してくれたような・・・そんな気持ちになる。
    それぞれ、ごく個人的な体験だから共感とはちょっと違う。でも、「あ・・・、そうだな、そういうことだったのかな」と腑に落ちる表現があったり、思いを込めて描かれた絵をながめていると、「そうだ、私の中にも、こういうシーンがあるような気がする」と思えたり。そんな感情の動きはなんの助けにもならないけれど、心がなだめられて整う感じがする。
    多くの作家さんが参加することで、本の主張も個人の主張も薄くなり、「思いの記録」のようになったふしぎなたたずまいの本。

  • 一つだけ気に入らないのがあった。

    「当時」とは断っているものの
    東北の食べ物は不買とか
    水は遠方から取り寄せたとか
    子供には東北からの影響を最大限遠ざけたとか、
    東北の被害に寄りそう姿勢微塵もなく自分の都合だけを並べたのがあった。
    停電時にヘッドライトで執筆したのが「面白かった」とかも、
    そのイベント気分はなんなんだろう。

    まあ、著者それぞれにあの日何があったかを語ったのをまとめた一冊なので仕方ないが、
    あの甚大な被災地住人としては思いきり批判・蔑視された気分で、
    そのたった一人の女性の文章でもやもやイラッ。

    猫のことなんて全然ともいえるくらい関係ないのに、
    本人も文末でそう言ってるとおり、
    本当に要らなかった。

  • 3.11と子どもの本の作家たち〜のサブタイトルを持つ本書はあの日スマホを握りしめながらテレビを食い入るように見つめてた被災を逃れた側の人々の絵とことばの作品集。
    とりとめのない何処にでもある日常は誰にでもある日常、それが或る日を境に起こる変化は決意であったり諦念であったり受容であったり焦燥であったり。
    そんな心のメッセージを見ていると繋がりだとか絆という言葉にあったわだかまりがスッと解けていくような気がします

  • 2019.7月。
    たしかにみんなが傷ついて考えたはずなのに。あの日を境にもっと立ち止まって考えなきゃいけないはずだったのに。日常や慣れって怖い。これは戒め。まだできる。

  • 「あの日のこと」は誰にも何らかの記憶や感触や感情を思い起こさせる。一般人でもそうである「あの日のこと」について、より感性の高い作家の皆さんが命を削って表現している。
    またいつかきっと来る「あの日」であり、「また」を決して繰り返してはいけない「あの日」でもある。今を大切に生きることに改めて向き合える本でした。

  • もう泣きそう、、、

    創元社のPR
    「あの日から」を生きる、すべての人へ。
    ――3.11と子どもの本の作家たち。
    現代を代表する絵本作家たちが描く、震災をめぐる或る日の記憶。
    *『翻訳できない世界のことば』のイラストブックシリーズ。
    *現代を代表する絵本作家たちによる、絵とエッセイを収録。
    *初のエッセイ書き下ろしとなる作家も多数。
    【イラストとエッセイ】(五十音順)
    阿部海太/荒井良二/飯野和好/石黒亜矢子/植田真/及川賢治/大畑いくの/加藤休ミ/軽部武宏/きくちちき/坂本千明/ささめやゆき/スズキコージ/高山なおみ/tupera tupera 亀山達矢/寺門孝之/中川学/中野真典/nakaban/長谷川義史/ハダタカヒト/原マスミ/樋口佳絵/穂村弘/牧野千穂/町田尚子/ミロコマチコ/村上慧/本橋成一/本秀康/ヨシタケシンスケ/吉田尚令
    https://www.sogensha.co.jp/productlist/detail?id=3960

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

阿部海太(あべ・かいた)
1986年生まれ。本のインディペンデント・レーベル「Kite」所属。著書に『みち』(リトルモア)、『みずのこどもたち』(佼成出版社)、『めざめる』(あかね書房)、共著に『はじまりが見える世界の神話』(創元社)。神戸在住

「2019年 『あの日からの或る日の絵とことば』 で使われていた紹介文から引用しています。」

阿部海太の作品

あの日からの或る日の絵とことば: 3.11と子どもの本の作家たちを本棚に登録しているひと

ツイートする