本にまつわる世界のことば

  • 創元社
3.06
  • (1)
  • (5)
  • (6)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 176
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422701219

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本を愛するすべての人へ。イラストも言葉も優しくて、「言葉」「本」が世界でどれだけ愛されてるかがわかる本。アラビア語で「言葉」は「くちびるの娘」ってセンス良すぎるでしょう。SSやエッセイを辿るのも、ただ眺めてるのも楽しい。フランス語のロシニョールはasdfjkl いいところなのに!

  • 各国の本にまつわる言葉を題材にしたショートストーリー集。アートなイラスト付きなのでパラパラめくるだけでも楽しめます。読書とは全世界で長年行われてきた営みで、世界各国で読書に因んだ言葉が生み出されてきました。レトラエリード(スペイン)は愛書家という意味。そのほか、ハルハーン(ペルシア語)、ページ・ターナー(英語)など50近くもの言葉が紹介されています。読書が好きな人にオススメしたい、本との向き合い方が広がる一冊。

著者プロフィール

温 又柔(おん ゆうじゅう)
1980年台北市生まれ、台湾籍の小説家。台湾人の両親のもとで生まれ、3歳から親の仕事の関係で日本に住まう。法政大学国際文化学部卒業、同大学院国際文化専攻修士課程修了。
2009年「好去好来歌」で第33回すばる文学賞佳作となり、作家デビュー。2016年『台湾生まれ 日本語育ち』で第64回日本エッセイストクラブ賞受賞。2017年『真ん中の子どもたち』で第157回芥川龍之介賞候補。2018年、新刊『空港時光』を発行。

温又柔の作品

ツイートする