7手詰将棋:実戦の勝率が上がる202問 (将棋パワーアップシリーズ)

著者 :
  • 創元社
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422751252

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  矢倉御三家・高橋九段の詰将棋本。創元社のこのシリーズの本のサイズは新書よりわずかに大きい。左頁に問題図が上下に2問、その裏頁に解答がある。
     本書の問題の難易度は低く、手順にもトリッキーなものやあからさまな捨て駒はない。むしろ筋悪く王手するものが正解手順である場合など、一般的な詰将棋の裏をかいた問題もまぎれさせている。
     次に個々の詰将棋について。本書では玉型の陣形が実戦で見られる囲いを題材にしており、囲いがそっくり残ったものや崩れた囲いからスタートする。具体的には、矢倉・船囲い・穴熊・平美濃・銀冠・右玉・中住まい・居玉……など。
     級位者にとっては解きやすくおすすめ。難易度・解きごたえ・芸術性を求める人には不向き。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

将棋棋士、九段

「2018年 『将棋の序盤でやってはいけない手』 で使われていた紹介文から引用しています。」

7手詰将棋:実戦の勝率が上がる202問 (将棋パワーアップシリーズ)のその他の作品

高橋道雄の作品

ツイートする