自己組織性―社会理論の復活

著者 :
  • 創文社
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784423800256

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  衰退した社会理論を再生させること、それが本書のテーマ。

     戦時中の動員やら戦後の学生運動により、社会理論は深刻な反省を強いられる。個人を抑圧するだけの社会理論ではなかったのか。システムから出発し、そこで生きる個人をどうコントロールするのかが中心の理論ではなかったのか。そういう反省である。
     そんな状況の中から、シンボリック相互作用論、現象学的社会学、エスノメソドロジーは、しだいに勢力を拡大していった。個人はいかにして社会や環境に対して働きかけるのか、よりよい社会や環境に変えうるのか。それが新興の諸理論に共通する問題意識であった。しかし限界もあった。最大の欠点は、主観主義である。結局、原因を意識の問題へと還元してしまうのである。

     そこで著者が復活させたい(むしろ刷新したい)と考えている、社会理論である。制度変換の視点の欠如と主観主義とを克服するための理論である。個人は社会に規制されつつも、他方ではその社会を設計している。そしてよりよい制度設計を考える理論、それが自己組織性の社会理論である。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

2016年12月現在 東京工業大学名誉教授,統計数理研究所客員教授

「2016年 『社会理論の再興』 で使われていた紹介文から引用しています。」

今田高俊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
パオロ・マッツァ...
ジョージ リッツ...
大澤 真幸
デュルケーム
今田 高俊
江原 由美子
信田 さよ子
ニクラス ルーマ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする