• Amazon.co.jp ・雑誌 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784426101381

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 厚みが薄くなった。
    読みやすかった。
    同じ内容の記事が何回か書いてあった。

  • 目次:特集 どうなる令和新時代、巻頭インタビュー 神田松之丞、2019年のキーパーソン・人物ファイル、…他

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

佐藤優(さとう・まさる)1960年生まれ。作家、元外務省主任分析官。同志社大学神学部客員教授。85年、同志社大学大学院神学研究科修了。外務省に入省し、在ロシア連邦日本大使館に勤務後、本省国際情報局分析第一課で、主任分析官として対ロシア外交の最前線で活躍。2002年、背任と偽計業務妨害容疑で逮捕、起訴され、09年有罪確定。05年に発表した『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』で第59回毎日出版文化賞特別賞受賞。06年『自壊する帝国』で第5回新潮ドキュメント賞、第38回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。『獄中記』『私のマルクス』『いま生きる「資本論」』『ゼロからわかるキリスト教』ほか著書多数。

「2020年 『人生の役に立つ聖書の名言』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤優の作品

ツイートする