赤線跡を歩く〈完結編〉続々・消えゆく夢の街を訪ねて (Bibliotheca Nocturna)

著者 :
  • 自由国民社
3.29
  • (1)
  • (3)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (148ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784426104191

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 華やかなりし往時を偲ばせる残滓さえも感じさせない荒廃が印象的であった。うらぶれた赤線の残照が物悲しさを誘う。挫折と輝かしい発展を遂げた日本の象徴のような昭和という時代が終わったことにしみじみと実感。

  • 地元の赤線についての資料として購読。

  • コメントは<1>に

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1965年生まれ。フォトジャーナリスト。新聞社勤務を経て94年よりフリーランス。国内外のドキュメンタリー取材を中心に活動。著作に『ベトナムの食えない面々』(めこん)、『千年の旅の民 〈ジプシー〉のゆくえ』(新泉社)、『満腹の情景』(花伝社)、『メコンデルタの旅芸人』(コモンズ)など。ホームページ:www.pjkimura.net

「2019年 『米旅・麺旅のベトナム』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木村聡の作品

ツイートする
×