感じる漢字

著者 :
  • 自由国民社
2.67
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784426118044

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 山根基世 著「感じる漢字」、2014.5発行です。漢字の背後には「人々の生活」があると。漢字一字に籠められた思いを著者がわかりやすく教えて下さいます。35の漢字が紹介されています。①「朝」日の上下は草、草原で太陽と月が交代するさま ②「晩」免は女性が子供を産む象形文字で、やっとのことでつとめるという意味。日の光が届かなくなって、まわりがやっと見えるという意味 ③「望」王はつま先立ちしてる人、亡は瞳の象形文字、月は遠くの意味 ④「保」呆は赤子の姿、人が赤子を背負ってる姿 ⑤「孝」おいかんむりに子で老いた人を子が背負う姿

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

アナウンサー

「2015年 『ジャーナリズムの「新地平」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山根基世の作品

ツイートする