身近な人が亡くなった後の手続のすべて

制作 : 児島 充 
  • 自由国民社
3.71
  • (11)
  • (15)
  • (19)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 439
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784426118686

作品紹介・あらすじ

葬儀や法要のこと、保険や年金のこと、相続手続のこと、預貯金の名義変更のこと、相続税のこと。実際に身近な方が亡くなって様々な手続にとりかからなければならない方、これからそのような場面を迎える可能性がある方に、いちばん身近な参考書として活用していただけるよう、この本を作りました。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 父が亡くなりどんな手続きをしたらいいか分からなくて途方にくれてた時、リブロの店頭に平置きされてた。とっても参考になった。参考というかこの本に書かれた内容に漏れがないようにチェックしながら手続きしていったって感じ。葬式のやり方について書かれた書籍は山ほどあるが、要するに坊さんと葬儀社に都合の良いことばかり書かれいてうんざり。この本はとっても実用的。

  • もしもの事があった場合、時間順に手順が書いてあってわかりやすい。

  • まあまあかな

  • することがたくさんありすぎて驚く。人が一人なくなるのは厄介なことだ。

  • ありがちな本なのだろうけど、大変使い勝手がよい。特に相続以外の知識がない自分には、手続き全般の説明が重宝する。これ一冊をおさえておげはどんなアドバイスもできそうな、即効性のある本。駆け出し弁護士にとってすごくありがたい。
    皆さんが読んでも、わかりやすくて手続きの流れをすぐに理解できると思う。この手の本で手続きを漏らさずフォローしているほんはなかなかないので、オススメできる。
    欲を言えば、株式とか投資信託が遺産に入ってた場合の知識も書いてくれてたらよかったなー。

  • 類書は多い。


    【版元】
    [内容紹介]
    定価 1,512 円(本体 1,400 円 + 税)
    A5 判/ 208ページ
    2014年12月01日 発行
    ISBN 978-4-426-11868-6
    http://jiyu.co.jp/houritsugakushu/detail.php?eid=02237&series_id=s01

    [誤植訂正]
    http://www.jiyu.co.jp/patch/detail.php?eid=00157


    【簡易目次】
    はじめに [003]
    目次 [004-010]
    巻頭グラフ◆目で見てイメージ 身近な方の死後のこと 011
    第1章◆大切な方が亡くなられた直後に行う手続 019
    第2章◆落ち着いたら行う諸届、諸手続 041
    第3章◆遺族年金等の手続 063
    第4章◆遺産相続手続の基本 089
    第5章◆相続・名義変更の手続 123
    第6章◆相続税の基本的手続 151
    第7章◆生前対策の基礎知識 197

  • 身近な人が亡くなった後に行うことが
    ①直後に行うこと
    ②落ち着いたら行うこと
    ③必要に応じて行うこと

    の3つに分けて書かれている点がわかりやすい。
    実用的で使いやすいのではと思った。

  • 大切な人が亡くなり、こういう知識が全く無かったせいでその後の手続きが全く分かりませんでした。それからしばらく経ってしまいましたが、この本を読んでおおまかな流れが分かり、大変助かりました。内容を全部覚えるのは無理ですが、こんな感じだった…って思い出せる程度には勉強になる本です。

    大切な人を誰しも亡くしたくないはずですし、自分が死ぬときのことも考えたくはないですが、そのときに自分の大切な人が困らないようにもしていかなければ、と人生を考えるきっかけにもなりました。分かりやすくておすすめです。

  • 同居している家族が亡くなった時、やらなければならない事の多さに動揺し、悲しむ間もなく事が進んでゆくとよく聞くが、実際自分もそうなるのではと不安を抱いていた。
    本書は亡くなった直後からの諸連絡から始まり、一周忌を迎えるまでの遺産相続の手続き等が順を追って書かれているのでこの本の通りに進めればスムーズにいくのではないだろうか。

  • やることが多すぎて、多少お金払ってでも、各専門家によろしくしたい。そしてやはり、相続税が一番大変そうだということが分かった。

全21件中 1 - 10件を表示

児島明日美の作品

身近な人が亡くなった後の手続のすべてを本棚に登録しているひと

ツイートする