男の年収は「見た目」で決まる──なぜ、一流の人は「顔色」が良いのか?

著者 :
  • 自由国民社
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :34
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784426119119

作品紹介・あらすじ

世界のエリートが「見た目」にこだわる本当の理由。なぜ、一流の人は「顔色」が良いのか?「見た目」を整えると→心身のコンディションも整い→パフォーマンスがアップする!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 可もなく不可もなく。題名が本の内容を言い表している。臭いもちゃんとケアすべき。梅干し。性欲の回復のためには亜鉛。つまり、牡蠣。

  • 目の下にクマができていると睡眠不足に見え、お腹が出ていれば運動不足、顔色が悪いのは栄養不足です、こんな状態の人に、大切な仕事・いい仕事を任せようとは思えません、見た目をおろそかにしていると、いい仕事を任されるチャンスが減ってしまいます。写真に撮られる際に気を付けるべきことがあります、アゴの角度です、アゴの角度は印象を変えます、アゴを引いた上目づかいになる見た目は、自信がない印象を与えます、逆に、アゴを前に軽く突き出すと積極性があるように見え、突き出しすぎると、態度が大きく悪い印象になります、アゴを水平に保つと、信頼を得やすくなりますので、意識するとよいでしょう。要は天才は見た目を気にしなくても、それをプラスイメージに変えることができてしまうのです。画面のブルーライトによって常に緊張状態になるために、血流が悪くなり、長時間の使用が体と心の不調につながっているのです、肌は嘘をつけません、心身のコンディションを示しているのです。

  • 普通な内容でした。
    アマゾンのレビューが良かったので読んでみましたが、なんだかなぁと感じました。

    書いていることが、繰り返しでてきて、もういいよ〜と思ってしまいます、

    ただ、書いてあることを全て実践できたら、カッコイイオッさんになるのではないかと思います。

  •  今回の本は、「本が好き!」様からの献本です。ありがとうごいます。

     著者も指摘しているが、見た目で人を判断してはいけないとは言っても「見た目」で判断されるのが人間社会。

     「見た目」を良くするとどうなるかと言うと心と体も良くなり、パフォーマンスもアップすると言ううれしいおまけつき。おまけ好きならどうせ関係ないもんなどとニヒルにならないで一読することをお勧めする。

     やはり、見た目を良くしようと思ったら、食生活、睡眠、体のケア、お肌のお手入れが必要だ。綾瀬はるかほどではないにしてもお肌のつやはあった方がいい。眠気満載の眠気星人や、ミシュランタイヤのキャラクター顔負けのメタボ星人や、カサカサ星人では見た目どころか内面も不安になる。

     意外に思ったのが、ドライアイ。ドライアイだとまぶたが早く老けるし、目が乾いてつらい人を見てはつらつとした印象を持つ人はいないので、ドライアイ対策もしておくのが良いと指摘している。

     イスラム国やボコハラムのような頭のおかしな極悪集団にいる極悪人でもない限り、見た目を整えれば内面も人によって程度の差はあっても良くなるのではないかとふと思った。

全4件中 1 - 4件を表示

平松由貴の作品

男の年収は「見た目」で決まる──なぜ、一流の人は「顔色」が良いのか?はこんな本です

ツイートする