日本のたしなみ帖 百人一首

著者 :
制作 : 小澤真弓 
  • 自由国民社
4.00
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784426120276

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 百人一首。映画やゲーム、クイズ番組などで扱われているのをよく見かけます。私は小さい頃にかるたで坊主めくりをして遊んだり、学生の時には友達と競うようにして覚えたりしたのですが、今ではさっぱり……。知識があればもっと楽しめるのでは、と感じて、本書を手に取ってみました。

    一首につき説明が1ページでまとまっているのでとても読みやすいです。歌の意味は簡潔に添えてあり、ちょっとした背景や考察、文法や語句の説明も難しくありません。「この歌ってどんな歌?」という疑問にサラッと答えてくれます。
    目次で知ってる和歌を選んで読もう、と思っていたのですが、気づいたらすべてに目を通していました。テンポがよく、区切りもつけやすいので、気軽に読める本です。

    あっこの歌なんだったかな、と思ったときに、インターネットで調べるよりもこの一冊を開く方が、なんだか情緒がありますね。何度も読めば、次第に覚えなおすこともできるやも……? 手元に置くべく、本屋さんに探しに行こうかな。

    図書館スタッフ(学園前):けんじ

    ----------
    帝塚山大学図書館OPAC
    http://lib.tezukayama-u.ac.jp/mylimedio/search/search.do?target=local&mode=comp&category-book=1&category-mgz=1&materialid=2110029183

  • 百人一首関連の本にはイラストや写真が満載のものも多いが、本書は現代語訳と簡単な解説だけのシンプルな作りなのが気に入って購入。情報が少ない分、歌そのものを味わいやすくてよいと思う。また、解説も適度な量で、初心者にはちょうどよかった。ただ、外国人に日本文化を紹介しようというコンセプトのシリーズのようで、最初と最後に英語の文章が付いていたが、それが本全体の中で浮いてしまっている気がした。

  • 「小倉百人一首」の解説書です。

    わかりやすくてためになりました。解釈には人それぞれですが、私はこういう解釈の仕方の方がいいなと思いました。
    覚えるのには最適だと思います。

  • よくできたおしゃれな本です。惜しむらくは、鑑賞と語句のダブリ(スペースが限られているだけにもったいない)と歌のひらがなフォント(少し読みにくい)。解釈は人それぞれだから、いろんな説を併記する必要はないのでは、かえってわかりにくいです。

全4件中 1 - 4件を表示

日本のたしなみ帖 百人一首のその他の作品

田村理恵の作品

ツイートする