見るだけで体が変わる魔法のイラスト──健康になる! 運動能力が上がる!

著者 : 小池義孝
  • 自由国民社 (2017年12月8日発売)
4.20
  • (3)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784426123789

作品紹介・あらすじ

絵を「見る」だけ!あなたの体が一瞬で改善する!この本の「魔法のイラスト」は、ただ見て知るだけで、健康効果と運動能力の圧倒的な向上が手に入ります。一度、知って身につければ、一生の財産になります。

見るだけで体が変わる魔法のイラスト──健康になる! 運動能力が上がる!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • *体操でもストレッチでもトレーニングでもなく、一瞬で体を変えてしまう。この本の「魔法のイラスト」は、驚くほど簡単に、あなたの間違ったイメージを正してくれます。ただ見て知るだけで、健康効果と運動能力の圧倒的な向上が手に入ります。一度、知って身につければ、一生の財産です*

    まず唸ったのが、この方の目の付け所。「専門家」はたいてい自分の知識が一般的なのだと思い、「普通の人」の思い違いに気付かないもの。この本はそこをクローズアップし、「普通の人」の思っている箇所は青丸で、正解は赤丸でイラスト上に示しているので、一目でその違いがわかるようになっている。大きな字、Q&A方式の設問、見やすいイラスト、簡潔な説明も素晴らしい。すぐに体の使い方への意識が変わる、子供から大人までお勧めしたい1冊。

  • 背骨をバネと考える。
    猫背は体の重心を変える。
    肺の大きさ
    腕は肩甲骨から

    見るだけで変わった気がする。こりゃいい。

  • 前に同じ作者の『不健康は治る!』を
    読んで大腰筋を意識するようになったら
    いろんな意味で体の調子がいい。
    それで話は終わり。
    でも、先日新聞の新刊広告が目に入り、
    そのイラストに目が釘付けになった

    「肺は鎖骨の上、背骨まで広がっている」

    これは長年自分のなかで
    模索していたこと。
    それがこのイラストだけで氷解した。
    作者はなんと偶然にも
    大腰筋を教えてくれた
    『不健康は…』の作者だった。
    早速読んでみた

    痛く感心したことは先に書いた2つ
    ①P16
    「肺は鎖骨の上、背骨まで広がっている」
    ②P40
    「足のつけ根は大腰筋」

    驚き、目からウロコだったのは
    ③P80
    「親指は手の平の真ん中をたたむように曲げる」
    ④P90
    「(親指を除く)手の指は握りこぶしを作って
    出っ張るところで曲がる」
    ⑤P116
    「アゴは下にしか開かない」

    感心したところは
    ⑥P8
    「首は背中から動かす」
    ⑦P20
    「腕のつけ根は肩甲骨」
    ⑧P32
    「背骨をバネだと思う」
    ⑨P37
    「胸椎と腰椎の境目で曲げる、ねじる」
    ⑩P56
    「足の骨に真下に乗る」
    ⑪P61
    「太ももの前を意識するとブレーキが
    裏を意識すると力強く前に跳べる」
    ⑫P68
    「手根骨まで手首。二段に曲がる」
    ⑬P72
    「手首は肘から意識する」
    ⑭P82
    「(手の)親指のつけ根はもっと手の真ん中より」
    ⑮P100
    「目の奥を意識すると眼筋が使いやすい」
    ⑯P112
    「頭蓋骨と首のつなぎ目は背中側でなく
    耳たぶの奥あたり」

全3件中 1 - 3件を表示

小池義孝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
塩田 武士
西 加奈子
さとう みつろう
ヨシタケ シンス...
森 絵都
柚木 麻子
ブルック・バーカ...
西 加奈子
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする