棄景/origin

著者 :
  • 自由国民社
3.38
  • (3)
  • (2)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784426766061

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 遠山緑生先生推薦

    人のいない写真集(3): 廃墟趣味の第一人者ーと言っちゃうとちょっと流行りすぎててつまらないんですが、とにかく写真として美しいのは間違いない。私は鉄道マニアで元々鉄道廃線跡のなんとも言えない存在感を知っているつもりではあったんだけど、写真家というのはすごいなと。あたりまえだけど。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

●著者紹介
丸田祥三(まるた しょうぞう)
1964年東京生まれ。92年写真家に転身。94年日本写真協会新人賞受賞。93年のデビュー作「棄景」は、見捨てられた風景への独自な視線が話題となり、今日の廃墟(写真)ブームの先駆となった。
著書に「棄景−廃墟への旅」(宝島社/洋泉社)、「棄景II」(洋泉社)、「東京−棄景III」(洋泉社)、「1977鉄道少年の旅」(洋泉社)、「少女物語−棄景IV」(春秋社)、「鉄道廃墟−棄景1971〜」(JTB)、共著に「鉄道廃線跡を歩く」(JTB)、「全線全駅各駅停車の旅」(小学館)、「日本風景論」(春秋社、切通理作氏との共著)などがある。

「2003年 『廃車幻想』 で使われていた紹介文から引用しています。」

丸田祥三の作品

ツイートする