あげたおはなし

著者 :
制作 : 安西 水丸 
  • 自由国民社
3.50
  • (2)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784426875077

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • きつねが!笑
    水丸さんのセンスにくすり。

    ことば遊びの絵本かとおもったら、おやおやどうして、
    問題提起で終わりました。

    あげるってきもちいいね!

  • 2013/12/17 3-1
    2014/06/03 3-2

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

作家。1948年生まれ。8歳でデビュー、「名子役」として有名に。1970年代には、俳優、司会者、声優、歌手としてテレビで活躍、世に「チナチスト」を生みだした。作詞も数多く、文筆でも『子役の時間』ほかで直木賞候補になるなどして、その多才が広く知られた。また女性解放運動や人権の社会運動家としても著名。1980年から参議院議員を一期務めた。現在は著作に専念。六十余冊にのぼる著書は、創作とノンフィクション、テーマは女性、人権、古代史と多岐にわたる。近著に「日本絵本賞」受賞の『どんなかんじかなあ』(自由国民社)、『海中散歩でひろったリボン ボニン島と益田一』(ゆいぽおと)、『幸子さんと私 ある母娘の症例』(創出版)、『おいる』(ハモニカブックス)、『蝶々にエノケン 私が出会った巨星たち』『芸能人の帽子 アナログTV時代のタレントと芸能記事』(ともに講談社)がある。また伊豆を根拠地とするスクーバダイバーとして、約25年ダイブ回数1024本以上の経験がある。

「2017年 『活動報告 80年代タレント議員から162万人へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中山千夏の作品

あげたおはなしに関連するまとめ

ツイートする