あめだま

著者 :
制作 : 保坂 重政  長野 ヒデ子 
  • にっけん教育出版社
3.45
  • (4)
  • (4)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 55
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434030314

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「げたにばける」を読みました。

  • 2話収録。
    どちらもお侍の話。
    人情味がある侍でとてもよい。
    絵も結構よいので星4つ。

  • 読み聞かせにオススメ

  • 4-434-03031-0 31p 2003・4・8 初版1刷

  • 教師が,代わる代わる学年の子どもたちに読み聞かせをするってのがあって,購入してみました。
    が,最近は,5年生の国語の教科書に載っているんですね。知りませんでした。
    低学年の子たちは,サムライが刀をぬいた場面で,ドキドキしていました。おもしろかったです。

  • 新美南吉の お侍の登場する物語が2作収録。

    「あめだま」渡し船に乗り合わせたお侍と、母子二人。子供らが一つだけのあめだまを取り合っていると、それまで居眠りをしていたお侍が、あめだまを出せと言う。母があめだまを渡すと、お侍は舟のへりにそれを乗せ、刀で割って、子供らに分けてやった。強面のお侍の優しさがいい。
    「げたにばける」子タヌキが化ける練習をしている。が、なかなか上手くは化けられない。なぜか下駄に化けるのは上手いが、それをたまたま、鼻緒の切れたお侍が見つけて、タヌキの下駄を履いて行ってしまう。だが、もともと子タヌキ。歩いているうちに、尻尾がでてしまう。お侍は村の下駄屋に着くと、「や、ごくろうだったのう」と言って、子タヌキにおあしをあげたのだった。

    そもそも、お侍は威張っていて、機嫌をそこねると殺されるほどに怖い事がある、という前提が・・・今の子どもたちにはそんなに分からないかも。
    時代劇などを、もっとやらないと(見ないと)知り得ない道具や言葉や生活を、ちょっと説明するべし。

  • 散歩がてらの図書館で借りてきました。

    さむらい、には、
    プライドが高く、短気で、
    怒らせると斬られかねない、というイメージがあるよう。

    「あめだま」「げたにばける」の2作が収録されています。
    どちらのさむらいも一見怖そう、でも・・・。

  • ひょうひょうとしたユーモア。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1913年愛知県半田市に生まれる。『赤い鳥』に「ごん狐」など多くの童話、童謡を発表した。東京外国語学校を卒業後、小学校や女学校などで教鞭をとる。18歳のころ『赤い鳥』に童話を投稿して掲載され、その後「ごん狐」など多くの童話、童謡を発表した。1943年、29歳で早逝した。

「2019年 『2ひきのかえる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あめだまのその他の作品

新美南吉の作品

ツイートする