夜ごとの花 (リーフノベルズ)

著者 : 高岡ミズミ
制作 : 紺野 けい子 
  • リーフ出版 (2003年9月1日発売)
3.38
  • (5)
  • (7)
  • (18)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :55
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434032714

夜ごとの花 (リーフノベルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 先に続編の兄の話を読んだので弟憎し。攻めと共に好きになれない。

  •  こういうの大好き。すっごい好きです!!
     振った男が目の前にあらわれて、好きで好きでたまらなくて、ついずるずるしちゃって、ドロドロ♪
     大好き(黙れ)

     なんだろう、こういうちょっと無理やりなんだけど、駆け引きめいていて、本当は好きなんだけど言えなくって……な辺りが大好きです。
     そして、本当は誰も悪くない。

     それから、最後の終わり方も好感度高かったなぁ……

  • はい、あたしの好きな高岡ミズミ原作CD。
    買った当時は高岡ミズミのCDとか考えずにフィーリングだったけど(笑)。
    キャストを見て気になって、店頭でCD見て余計欲しくなって買ったという…。
    別に祥ちゃんとかシオとかが目当てだったわけではないんだけど欲しかったんだよね~。
    で、買って正解。
    今回で聞いたのは2回目だけどまた泣いてしまった…。
    1回目は伊月にバレた時。
    切なくて仕方なかったんだよ、紀章も祥ちゃんもシオも。
    今回は伊月からの電話。
    たぶんこれは吹雪に同調して泣いた(笑)。
    この電話の時の紀章の演技が涙を誘うのよ、悔しいことに!
    そうなのよ、紀章にしてやられてる!!(笑)
    でもシオも伊月に感情移入しちゃうくらいだから、いいんだ!
    祥ちゃん初攻めってことで、なんかテンパってる感じだったけどそれはそれでキャラとして正解だったからいいか(笑)。
    話は三角関係のドロドロ(笑)。
    嫌いな人は嫌いかも(笑)。
    健気な紀章が聞きたい人はぜひ聞いて!!
    紀章メインじゃないけど(笑)。
    トークは楽しい!!
    祥ちゃんがこれからは攻めでって言ってるのに結局ならなかったね(笑)。
    紀章もいつもどおりで、シオも脳みそに空気がいってない感じで(笑)。

  • 森久保x岸尾 森久保初攻めだったらしいけど、この攻怖かった…。えろ激しいけど、何かもう話が…ドロドロ。

  • 森久保祥太郎×岸尾だいすけ

  • 高岡ミズミ 夜ごとの花 CD 1枚 (書籍なし)

  • CDもお奨めです

全8件中 1 - 8件を表示

夜ごとの花 (リーフノベルズ)のその他の作品

高岡ミズミの作品

ツイートする