甘く危険なKissの罠 (リーフノベルズ)

著者 : あすま理彩
制作 : かんべ あきら 
  • リーフ出版 (2003年11月5日発売)
3.06
  • (1)
  • (0)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
  • 29人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434032752

甘く危険なKissの罠 (リーフノベルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ライバルホテルオーナー×見習いホテルマン。少年のころの思い出の王子様が迎えに来るシンデレラストーリー。突然唇を奪われて、突然エロに突入し、初めてで感じまくる展開には多少無理を感じる。先輩や同僚、秘書等、主人公二人以外は端役。基本的に二人だけのエロ世界で完結。

  • 過去からのつながりがあったというのが結構好きなパターンなので、割と気に入っている。

  • 美青年・奏は念願だった一流ホテルで客室清掃員として働くことに。真面目で努力家だけど要領が悪いためにいまだ研修中。ある日スイートルーム滞在中の野生的な美形の緒方と些細なことで言い合いになる。
    緒方はいくら謝っても許してくれず、その謝罪のかわりにキスを要求してきて・・・ってお話です。
    実はこの緒方、奏の働くホテルを買収する目的だったんですが、その目的がちょっと違うくなってくるあたりラブラブ路線ですね。設定は美味しいですが、まあ普通かな。
    挿絵は昔好きだったかんべさんで、綺麗ですね〜。

全3件中 1 - 3件を表示

あすま理彩の作品

甘く危険なKissの罠 (リーフノベルズ)はこんな本です

ツイートする