ジャポニスム―幻想の日本

著者 :
  • ブリュッケ
3.43
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434044618

作品紹介・あらすじ

ヨーロッパが形成した日本のイメージは、いわば彼らがこうあって欲しいという願望に基づいた像であり、それこそがジャポニスムを性格づけている。ヨーロッパに限らず、異文化を知ろうとする時、自分に必要で役に立つものを集めるのは、当たり前のことだからである。日本だけが例外であるわけがない。19世紀末のヨーロッパが選んだNIPPONとは?第19回ジャポニスム学会賞受賞。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ジャポニスムとは、19世紀末に西欧の美術に与えた日本美術の影響のことをいう。

    ゴッホが浮世絵を好み、モネが日本の自然美を愛したことは有名である。
    ジャポニスムを擁護した人々が、実は共和主義者であり、リアリズムの傾向を支持していたという。
    キリスト教的価値観や人間中心の芸術を打破したい人々は、日本美術に見られる自然主義や動植物のモティーフを活用し、意図的に賞賛した。


    ヨーロッパが選んだ「日本美術」は、彼らがこうあって欲しいと願うイメージに基づいている。
    ジャポニスムが、ルネサンス以来の芸術価値の脱構築に手を貸したという指摘は、おもしろい。

  • 2010年9月15日読了

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

国立西洋美術館館長

「2018年 『パリ装飾芸術美術館浮世絵版画展 1909~1914年 全図録集成 (復刻版) 図録6点・合本3巻+別冊解説』 で使われていた紹介文から引用しています。」

馬渕明子の作品

ツイートする