子どもが動物をいじめるとき―動物虐待の心理学

制作 : Frank R. Ascione  横山 章光 
  • ビイングネットプレス (2006年4月1日発売)
2.71
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (323ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434076671

子どもが動物をいじめるとき―動物虐待の心理学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 陰惨な事件が起こる予兆として動物の虐待された死体が見つかったり、動物への虐待が少年犯罪・DV・幼児虐待などと関連付けれらることは常識になっている。
    自然や社会環境の悪化によりまっさきに被害を受けるのは動物や子どもであるが、その悪化した環境の中でどのようにして犯罪や虐待の連鎖を断つべく子どもを教育していくかということが、親だけではなく大人すべての責任だと改めて痛感させられた。
    日本では神戸殺傷事件があったが、殺人者は殺人する前に動物も虐待死させていた。昨年、殺人者は手記を出版したが、その本を置かないという書店もあり大きな批判にさらされていた。
    世界は無菌状態にはできない。殺人犯の手記を読んだとき、いじめられている動物を見たとき、人が苦しんでいるとき、子どもがどう感じるかどう行動するかはすべて大人の鏡であると感じた。

    自分の小さいころの強烈な記憶のひとつが蘇り、途中苦しくなってしまった。私は鳥を飼っていた。生まれて初めてのペットだった。ある日、幼い私を連れて母は実家のある田舎に数日間帰った。そのあと東京の自宅に戻った私は、大事な鳥を探した。鳥かごもなくなっていた。母を見るとバツの悪そうな気の毒そうな顔をしていた。父を見るとつまらなそうにそっぽを向いていた。
    幼い私はそのことに対して何も言葉を発しなかった。ただただ哀しかった。
    そのとき一人自宅にいる父は鳥の世話を一切せず死なせてしまったのだろう。そして母は出かけるときに鳥の世話をお願いできなかったのだろう。そこには男尊女卑的な大きな遠慮があったのだろう。たぶん母は、鳥は死んでしまうかもしれないと分かっていいたのかもしれない。そのことを思い出す大人になった私は、両親を責める気持など一粒も持たず、ただただ鳥が感じた苦しみを哀しく思うだけである。

  • <閲覧スタッフより>
    子どもが自分の飼っているペットや動物をいじめてしまうのはなぜか。本書では、動物を虐待してしまう子どもの心にスポットライトを当てています。動物虐待に傾かせる環境の問題や、実際に起こった事件・研究を軸に家庭内暴力、動物虐待について考察されています。
    --------------------------------------
    所在記号:367.6||アフ
    資料番号:10175752
    --------------------------------------

  • 請求記号・367.6/As 資料ID・310004280

  • 子供と動物の虐待(子供が虐待を受けているケース、動物が虐待を受けるケース)についての一冊。
    タイトルは「子供が動物をいじめるとき」とあるが、直接子供が動物をいじめる事例は思ったほど取り上げておらず、「何をもって動物の虐待というのか」、「加害者が動物虐待を行っているとき、同じ加害者による児童虐待が行われることに関係はあるか」など、間接的に証明しようとしている様に思えた。確かに何をもって虐待とするのか、動物虐待が行われる背景には何があるのかなどを探ろうとする場合には必要となる分析なのかも知れないとは思う物の、隔靴掻痒の感がしたのも事実。……訳書ということでやや読み慣れなかったというせいもあるのかも知れない。

全6件中 1 - 6件を表示

子どもが動物をいじめるとき―動物虐待の心理学のその他の作品

フランク・R.アシオーンの作品

子どもが動物をいじめるとき―動物虐待の心理学はこんな本です

ツイートする