フェイスレス (ジグザグノベルズ)

著者 :
制作 : 山本 ヤマト 
  • リーフ出版
3.94
  • (4)
  • (7)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434078804

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 黒衣の伝説狩りシリーズ、蠍サイドの三作目、シリーズ通してでは四作目となる作品。シリーズでは初となる長編形式の形を取っています。

    人間なら誰しもが一度は抱くだろう「日常」からの逃避願望、その心の隙間に付け入った「顔のない友達」たち。雪山での温泉宿を舞台に、彼らとの戦いが始まる。といった感じの話です。
    蠍サイドの話では実質初とも言える(笑。イシュタムはちょっとねぇ)女性キャラがレギュラー登場、少しずつ明らかになっていくハガネの謎、「クロカマキリ」の世界との関係、モーリの立ち位置などなど、見どころたっぷりな話です。



    余談ですが、アンタレスではまだ思い出せていたソーマが、この話では既にマルスとテラーの事をほぼ完全に忘れてしまっているらしい様子で、それに少しだけ悲しくなりました。ううむ仕方がないんだとは判っているけれども…。

  • 【2007.10.18読破】

  • 「スコーピオン」から数えて三作目。徐々に話は闇へと近づいてきました。「クロカマキリ」を読んでいたら、もっと楽しいかも。<BR>誰しもが感じることだろう。現実はあまりにも身近にありすぎて、嫌気が差す。だがその現実を失うことは恐怖だ。形なきものが、闇に住まうものとしての能力を遺憾なく発揮し、人は人を失う。復讐は果たされる。世界が滅ぼされる前に、人の愚かさのために、滅びるのだとしても、それでも滅びることを避けるために、狩らなければいけない。たとえそれが人のものであったとしても。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

作家。独特の文体でハードボイルドやホラーなどを描いて人気を博す。近刊に、人気フリーゲームのノベライズ『被虐のノエル Movement1 - vow revenge』『虚白ノ夢』、pixivミライショウセツ大賞優秀賞受賞『謳えカナリア』、第1回カクヨムWeb小説コンテスト特別賞受賞『常夜ノ国ノ天照』など。

「2018年 『被虐のノエル Movement2 - falling down』 で使われていた紹介文から引用しています。」

諸口正巳の作品

ツイートする