素晴らしかった日本の先生とその教育 (シリーズ日本人の誇り (4))

著者 :
  • 桜の花出版
3.20
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434082528

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『素晴らしかった日本の先生とその教育』(楊應吟、2006年、桜の花出版)

    台湾の日本語世代の人が書いた本。おもに筆者自身の自伝的な内容の部分と、歴史の部分から構成されています。

    先の大戦にいたるまでの日本を全体的に肯定的に捉えており、日本のおかげで台湾が発展したと筆者は述べています。

    日本は大戦で悪いことをしたとする主張が日本でも中国でも大勢だと思うのですが、台湾の人から見るとまたすこし違って見えるのでしょうか。僕も日本が悪いことをしたと思っている一人なので、少し肩透かしを食らった感じです。

    ただ、中国をブタと表現したり、日本へ肩入れしすぎているのではないかと思われることから、客観的な歴史書としてはあまり信頼できないかもしれません。

    (2010年1月21日)

全2件中 1 - 2件を表示

素晴らしかった日本の先生とその教育 (シリーズ日本人の誇り (4))を本棚に登録しているひと

ツイートする