もういちど伝えたい

  • サイマリンガル (2006年12月発売)
3.50
  • (4)
  • (2)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434085581

もういちど伝えたいの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 幼ななじみの男の子が20歳くらいで死んじゃう話。
    そして、幽霊になって出てくる話。
    そして、幽霊に力を借りて、立ち直る女性の話。

    第1回泣きたい小説グランプリ受賞作らしい。
    泣ける人は、どのくらいいるのかなー。
    私は泣くとか感動はありませんでした。
    幽霊だからかなー。

    昔読んでたっぽい。3分の1くらい読んで気づいた。

  • 守が「俺だけの個展をやる」と宣言していたから、私は「個展を開いたら受付くらいやってあげる」と約束していた。でも1年前の今日、守は事故でこの世を去った…。主人公たちのピュアで温かい気持ちに引き込まれる感動作。
    -紹介文より

  • 幽霊??
    幼馴染の男の子が死んじゃう話。

    バスの中で泣きまくっちゃったぁ(>_<)

  • たぶん、2006年末〜2007年はじめくらに読んだ本。


    不思議な話。


    ラストどころじゃない。
    最初の方から泣いてました。
    読むのが止まらず、一気に読み干した。


    伝えたいときに、
    伝えられるときに、
    自分の正直な気持ちを相手に伝えることの大切を実感した。


    「いっぱい泣いていいよ。散々泣いたら涙を拭いて、また前を向いて歩き出せばいい」
    って、守の言葉は好きだ。


    素敵な話だったと思う。
    お勧め。





  • 第1回泣きたい小説グランプリ受賞作らしい。
    しかし、これは駄作だと思う。
    まず、全く泣けない。
    非現実的な設定もどうかと。
    かといって、行間を読ませるような文章でもない。

  • 公共の場で読むものじゃないね、涙、涙

  • 今読んでます。
    ハッピーエンドなんかなぁ。
    ハッピーエンドやったらええなぁ。

    でも泣くって書いてあったし…。

全7件中 1 - 7件を表示

たなかひまわりの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
夏川 草介
小手鞠 るい
有効な右矢印 無効な右矢印

もういちど伝えたいはこんな本です

ツイートする