凍(しば)れるいのち (柏艪舎文芸シリーズ)

著者 :
  • 柏艪舎
3.80
  • (2)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434086410

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 故郷の高校・大学の山岳部の冬山登山遭難事故について、ただ一人生還した人物の記録。失った仲間の十字架を背負ってがむしゃらに生きてきたすごい人ではある。

  • 遭難状況説明が感情寄りで、後に続く物語の布石としては機能しているが、物語期待で読んでいなかった身には、やや物足りなかった。
    遭難経過をドキュメンタリーとして知りたければ事故報告書を読めばよいのだろうが、ついつい遭難に至った山行ドキュメントを期待してこういった本を手にしてしまう自分を反省。
    紛れもなく、事故の生還者野呂氏の人間ドキュメンタリーです。

  • 大雪山旭岳で大量遭難した北海道教育大学山岳部の唯一の生き残りの方に関する本。重い、とてつもなく重い。旭岳に実際に行ってみて、愛の鐘を撞いてみて、こんな距離で遭難とは…!と冬山の恐ろしさを改めて感じた。いくら緻密に計画しても、いくらよく知ったルートでも、何が起こるかわからないのだ。
    わたしの夫君は山スキーをするが、冬山には行ってほしくない。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

ノンフィクション作家。北海道生まれ。札幌在住。主な著書に、『永訣の朝』(河出書房新社)、『凍れるいのち』(柏艪舎)、『100年に一人の椅子職人』(新評論)ほか。『大きな手 大きな愛』(農文協)で、第56回産経児童出版文化賞JR賞(準大賞)受賞。

「2020年 『ラストアイヌ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川嶋康男の作品

ツイートする
×