無言の恋咎 (リーフノベルズ)

著者 : 妃川螢
制作 : 実相寺 紫子 
  • リーフ出版 (2007年1月1日発売)
3.67
  • (2)
  • (6)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :25
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434100680

無言の恋咎 (リーフノベルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 眼鏡美人検事さんが、その地位を捨て、
    ヤクザさんの弁護士事務所に勤めるんです。

    地位も名誉も家族も人生も何もかも捨てて。


    親友だった検事が事故で亡くなるが遺体は見つかっていない。
    その親友が名前を変えていた。
    それもヤクザの幹部として。

    親友を取り戻すために全てを投げ出した元検事の受け。

    親友は他人と言い張りしつこく付きまとう受けを無理やり犯す。
    まあ脅しだったわけなんだけど逆効果あせあせ(飛び散る汗)
    受けは絶対に親友だと確信して、事件の真相に迫ろうと画策していき
    とうとう我が身に危険が迫り…

    眼鏡美人受けはいいね~~~~!





    結局二冊購入していましたよ(^^;;

  • 検事だった親友を探して、追いかけて
    お互いに恋だったと認め合うというお話です。
    ヤクザに助けられて、ヤクザになっちゃうという要素もあるので、
    ヤクザものでもあります。

    相手を心底求めているっぽいお話の雰囲気が好みのお話だなぁ~と
    思いました(^-^)

  • 甘いシリーズ作品

  • ひたすら昔の親友(と思い込んでる)男を追いかける受けと、すっごい深い事情で拒絶する攻め。割と萌え〜でした。妃川さんのお馴染み893シリーズ。他カップルも出るかな、と思ったら史世カップルぐらいだった。

全4件中 1 - 4件を表示

妃川螢の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高岡 ミズミ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする