アジャイル開発の6原則と20のベストプラクティス―オープン統一プロセス“OpenUP”とラショナル統一プロセス“RUP”を集約した実践的ソフトウェア開発指針

制作 : Per Kroll  Bruce MacIsaac  落合 修  齋藤 修一  永田 葉子  田中 陽子  和田 真理  福島 清果  三上 徹也 
  • エスアイビーアクセス
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434108747

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 数字やグラフの根拠が乏しかったり例がわかりにくかったりするが、OpenUPやRUPがベースとなっているがXPやScrumなど、他のプロセスの話題も取り入れられている点や、多くのプラクティスがアジャイルプロセスに限らない話になっている点がよいと思う(もちろんアジャイルプロセスの方がフィットするのは言うまでもない)。

    逆によくないと感じたところは、OpenUPとRUPが各プラクティスの中で中途半端に紹介されている点。これはこの本のコンセプト上仕方がないかもしれないが、読んでいて若干引っかかった。

    付録としてOpenUPやRMCの説明があるのでそちらについての情報が欲しい人にはよいと思う。

全1件中 1 - 1件を表示

パー・クロールの作品

アジャイル開発の6原則と20のベストプラクティス―オープン統一プロセス“OpenUP”とラショナル統一プロセス“RUP”を集約した実践的ソフトウェア開発指針を本棚に登録しているひと

ツイートする