生きる意味を求めて―アドラー・セレクション

  • アルテ
3.82
  • (3)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 76
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434114304

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読んでいる途中、気持ちが波立ち、とても厳しい本だと感じていた。
    「甘やかされた人」に自分も当てはまっていると感じざるを得なかったから。
    自分への信頼の無さ、他者と対面することの恐れ、自分に価値がないと思われる暴かれることの恐怖、、、

    アドラーが実際にカウンセリングしていた人たちがどのような患者でどんなやり取りがあったのか、詳細の説明があったわけではないが、自身が傷つくことも含め壮絶な出来事が多くあったのではと想像する。
    にもかかわらず、アドラーは人が変わることができると心から信じ、勇気づけようとする人だった。
    本を読んでみて、もっと彼の考えに触れたいと思った。
    最後の訳者岸見一郎さんの解説で、理解がより深まった。

  • アドラー心理学の本

  • 生きることの根本原則は、克服である。自己保存と身体および心の発達を追求すること、完全さの追求が克服に役立つ。
    人生の課題からの後退は自殺において完全になる。自殺の精神的構造には活動性はあるが、勇気は決してない。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1870年‐1937年。
オーストラリア出身の精神科医、心理学者、社会理論家。フロイトおよびユングとともに現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立し、個人心理学を創始した。実践的な心理学は、多くの人々の共感を呼び、アドラーリバイバルともいうべき流行を生んでいる。

「2022年 『人間の意味』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アルフレッド・アドラーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
ロバート キヨサ...
J・モーティマー...
ジェームス W....
サン=テグジュペ...
エーリッヒ・フロ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×