気功革命 秘伝・伝授編〈巻の1〉気を知る (正しく気功革命に入門するためのDVDブックシリーズ)

著者 :
  • コスモスライブラリー
4.17
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434120145

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「気功革命」のDVD版。「気功革命」の簡単なダイジェスト文章とDVDが一緒になっており、文章の方はサクサクと読める。DVDは割と素人編集風ではあるけど、内容は奥が深く、本の内容は元より、本にも書いてない内容がさりげなく入っているので、内容は濃い。また、実際の気功のやり方も映像を見ることで非常にわかりやすく、買って良かったと思う内容でした。やっぱり動画が持つ力って大きいなぁと改めて感じた。

  • 本を買う時、決め手になるのは、本の内容ではなくて、その本を手にとった感覚であったりする。この本は手に取った瞬間にとてつもなくビビビ!とする感じがした。
    この本の気に対する解釈は心と体の両方を癒すのが気功であると考えている。体のことは医者に。心のことは心理学者に頼るのではなくて、自発的に両方を治す方法として気功があると。
    心が悪くなるから体も悪くなり、体が悪くなるから心が悪くなるという図があるとおもう。それを片方から治してもしょうがないという話で、結局は繋がっているのだが、両方を同時に治していかねばならない。
    その方法を知る意味で、この本は貴重である。

  • 気功のレベルが上がると人や自然との関係がよくなり第六感が発達する。

    浄化の功法を「泄法」といい、「セイ手」「動功」「自発動」がある。気を取り入れる「補法」には「站トウ」「静功」がある。初心者はまず「泄法」から始める。

    気功の練習では肉眼の目(陽目)ではなく意識の目(陰目)を使う。現代人は情報処理で表面の脳(大脳皮質)ばかりを使っている。内側の脳(大脳髄質)は気功で訓練される。

全3件中 1 - 3件を表示

盛鶴延の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする