中国奇譚 (アルファポリス文庫)

著者 :
  • アルファポリス
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434136092

作品紹介・あらすじ

毎日、粥を買いにくる女。その正体は、死んだ後に墓の中で子供を産んだ母だった……。自らの腕を刺し、流れ出た血で写経を続ける男。それは何万もの生き物の命を奪った罰で……。いにしえから中国に伝わる、奇奇怪怪の物語集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 不思議な話がたくさん入っていて、面白かった。

  • 東洋史とは、若干違うけれど中国の昔話の不思議な話を中心に短篇構成されていて、寝る前に読むにはおもしろい本!

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

広島県生まれ。中国文学好きが昂じて平成十年中国古典小説の現代語訳を配信するメールマガジン「中国の不思議な役人」を創刊。まぐまぐの殿堂入りメールマガジンに選ばれる人気となる。著書に「游仙枕(ゆうせんちん)」「大器晩成」「中国百物語」(共にアルファポリス)「中国怪談」(角川書店)等がある。話梅子とは「話梅」という梅を乾かして砂糖をまぶした中国のお茶請けにちなんでつけられた名前。

「2009年 『中国奇譚』 で使われていた紹介文から引用しています。」

話梅子の作品

ツイートする