花と乙女に祝福を 短編集 (なごみ文庫)

著者 : 歌鳥
制作 : ひなたもも  蜜キング  Will / ensemble 
  • ハーヴェスト出版 (2009年11月30日発売)
1.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434137914

作品紹介

第一話『花と乙女に声援を』生徒会長として多忙な日々を送る晶子。体が二つ欲しいと愚痴る晶子に都が「晶子にはいるじゃない、もうひとり」と告げる。その言葉の意味、それは…。第二話『夜の窓辺にともしびを』志鶴の個展に出かけた祈と眞弥子。そこに展示されていたトビウオの絵を見た祈は、恐怖のあまり失神してしまう。しばらくして目を覚ました祈は…。第三話『名残の頬にくちづけを』恋人について聖佳に言われた薫は、売り言葉に買い言葉で聖佳御執心の晶子を狙い始める。晶子に近づくために薫は寮への引越しを敢行する。第四話『花の乙女に花束を』生徒会の一環で演劇が企画され、その練習の最中、疲労が祟ったのか晶子が倒れてしまう。緊急入院をした妹の願いで、彰は演劇に出演することに。

花と乙女に祝福を 短編集 (なごみ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 蜜キング氏の挿し絵が怖いです…。

全1件中 1 - 1件を表示

歌鳥の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの ハジメ
あさのハジメ
美水 かがみ
ヤマグチ ノボル
有効な右矢印 無効な右矢印

花と乙女に祝福を 短編集 (なごみ文庫)はこんな本です

ツイートする