ロマンティックにささやいて (エタニティ文庫・赤)

著者 : 桜木小鳥
制作 : 銀木 夕 
  • アルファポリス (2011年6月24日発売)
4.07
  • (4)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :34
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434156502

作品紹介

一見クールなお局様、ホントは乙女ちっく大好きなOL、三浦倫子。恋愛は想像して楽しむだけで十分だと思っていたけれど、最近やけに寂しくて……親から勧められた見合い話、急接近してきた気になる彼。夢見るお局様、倫子さんの恋の行く末は?

ロマンティックにささやいて (エタニティ文庫・赤)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アラサー地味OL倫子と営業部の若きホープ、王子様のような藤崎君。1,2章は二人それぞれの視点からの付き合うまでのお話。3章は交際後藤崎君出張中倫子の元カレ出現話。倫子さんと藤崎君もいいけど、二人の周りの人もいい人ばっかり。倫子の親友で彼女を本当に心配している寛美も幸せになってほしい。高坂くんと青柳さんもいいキャラ。倫子のお見合い相手の佐久間さんもいい人だったから、彼の恋愛も知りたいな。調べたら藤崎君に片想いしていた有田さんの話が出ているんですね。彼女もいい子だったから読みたいな。

  • Amazonや他感想サイトでのレビューが高評価だったので、期待を込めて購入してみました。

    期待を裏切る事なく、とにかくとっても面白かったです!
    あらすじは公式サイトやAmazonで紹介されているので割愛しますが、少女小説のドキドキ感とエタニティブックスRougeシリーズの大人展開が上手にミックスされてて、読み終わった後は素直に「面白かった!」と思いました♪
    ヒロインとヒーローの両視点が読めるのですが、ヒーロー視点のお話が良かったです。
    『ーーなら、 今からやることは一つしかないでしょう。』
    本音だだ漏れのこの一文がお気に入りです♪

    他にもいわゆるティーンズラブ小説を色々と読んでますが、「いつか王子様が」系の王道ラブストーリーを展開しながら、ヒーローの隠していた本性が美味しく絡み、良い意味でニヤリとした作品になっていると思います。
    あと、若さゆえかそれとも長年溜め込んでた想いからか彼の絶倫ぶりが見事でした(笑)。
    まあ、最終的にはやっぱり藤崎くんは理想の王子様だという事が分かります!

    勿論、原作が何よりのオススメですが、コミカライズ版も絵柄が可愛らしいのでオススメです。(*^^*)

  • 見かけは経理のお局様の倫子さんは、実はロマンス小説を読みふけり、妄想する乙女。年下の藤崎君が王子さまスマイルで急接近してきて…。純愛だけど策略家でちょっとゆがんだ藤崎君が、強引に倫子さんを落としにかかるとが愉快。両方の視点の話が読んでて楽しかった。取り柄が無いと思った自分の良い所を、実は2年も前から追ってくれる実力もある藤崎君。王道のロマンスを楽しめます。

全3件中 1 - 3件を表示

ロマンティックにささやいて (エタニティ文庫・赤)のその他の作品

桜木小鳥の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ロマンティックにささやいて (エタニティ文庫・赤)はこんな本です

ツイートする