暗黒学校〈下〉

著者 :
制作 : sime 
  • アルファポリス
2.84
  • (2)
  • (1)
  • (9)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 49
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434163388

作品紹介・あらすじ

突如、硬い岩に覆われてしまった校舎。ユウタたち10人のクラスメイトは、そこに閉じ込められていた。外界と連絡する手段がなく、ただ救助を待つだけのサバイバル生活は、彼らの精神をむしばんでいく。広がる不安と大きくなる猜疑心。クラスメイトたちの絆は少しずつ亀裂が生じ始め、ついには仲間同士の対立にまで発展する……。不条理ホラーの天才作家、待望の長編下巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ある意味「めでたし」で終わったともいえる。若干説明不足なままの箇所があるような気がしなくもないけど、まとまってて良かった。やっぱりサクとしをりさんが素敵すぎました。

  • いやー人間って怖いものです。人間の嫌な感情をうまく書き出してるなって思った物語でした。ある種、この世界で生きていることに絶望してしまいそうな感じです。ラストがちゃんとしっくりする終わり方だったので良かったです。

  • 上巻はムダが多かった気もするが下巻はテンポが上手い。政治や歴史、社会、恋愛と一通り「人間像」を浮き彫りにしたのち、登場人物を誘導することで読者を揺さぶり、そのまま読者を置いて加速から急停止、一気に収拾をつける。なかなか面白かった。最後の〆がまた見事に狙って打ってくるので、それが実際好きなことが腹立たしい。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

二宮敦人(にのみや あつと)
1985年、東京都生まれの小説家、ホラー作家、推理作家。一橋大学経済学部卒業。携帯小説サイト「魔法のiらんど」「E★エブリスタ」でホラー小説を発表し、2009年に『!(ビックリマーク)』でデビュー。妻が東京藝術大学彫刻科の学生だったことから、多数の藝大生に取材しノンフィクション『最後の秘境 東京藝大』を執筆、ベストセラーとなる。
著書に『郵便配達人 花木瞳子が盗み見る』『一番線に謎が到着します』など多数。

暗黒学校〈下〉のその他の作品

二宮敦人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
池井戸 潤
湊 かなえ
二宮 敦人
湊 かなえ
綾辻 行人
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする