ラスト・ダンジョン (エタニティ文庫)

著者 : 広瀬もりの
制作 : ひだか なみ 
  • アルファポリス (2012年9月14日発売)
3.29
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434170188

作品紹介

勤めていた会社をクビになり、茫然自失で帰宅したところ、アパートの立ち退き話を切り出された梨実。とにかく新しい住み家を探さなければと訪れた不動産屋で、彼女は突然、見知らぬ男に声をかけられる。彼は「君が望む物件をすぐに用意する、ただし夫付きで」と、契約結婚を持ちかけてきて……。果たしてこの男、敵なの?それとも味方なの!?がけっぷちOLとオレ様上司のキミョウな同棲ラブストーリー、大幅加筆のうえ、「エタニティ赤」として待望の文庫化!

ラスト・ダンジョン (エタニティ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんとなく想像してたのとかなり違う展開になって、
    ついていくのが大変だったけど、まぁ面白かったです。
    結局いつからなのかよくわからないままなんですけどね。
    終盤にさしかかったあたりで、「いつから?」「わかんねーよ!!」って
    叫びたくなるくらい、ヒロインとともに置いてけぼり感満載でしたね。
    もっとはっきりとわかりやすい何かがあると思っていたからですかね…。
    思っていた以上にクセモノでした。
    エロの描写については、なんかとにかくよくしゃべるし、口調が口調なので
    カッコいいというよりは、なんかオジサン臭さすら感じてしまうんですが。
    ただまぁ、最初の時は、流れでそんな雰囲気とはいえ、
    せめてもう少しそれっぽい言葉で明言してほしかった感じはありました。
    ひと段落した感じはありますが、2もあるみたいなので近いうちに…。

  • 勝ち気な主人公ちゃんと、
    謎のイケメンお金持ちの契約的同棲

    キュンは少ないけど
    楽しく一気に読めた!
    ピンクも少なめ~

  • 読みやすい。
    テンポよくさくさく読める。
    けど内容はそこらの携帯小説より酷いと思ったら経歴見て納得。
    Webからデビューしたのか。

全3件中 1 - 3件を表示

ラスト・ダンジョン (エタニティ文庫)のその他の作品

広瀬もりのの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ラスト・ダンジョン (エタニティ文庫)はこんな本です

ツイートする