暗黒学校〈下〉 (アルファポリス文庫)

著者 :
制作 : sime 
  • アルファポリス
3.24
  • (3)
  • (3)
  • (12)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 78
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434173448

作品紹介・あらすじ

突如、硬い岩に覆われてしまった校舎。ユウタたち10人のクラスメイトは、そこに閉じ込められていた。外界と連絡する手段がなく、ただ救助を待つだけのサバイバル生活は、彼らの精神をむしばんでいく。広がる不安と大きくなる猜疑心。クラスメイトたちの絆は少しずつ亀裂が生じ始め、ついには仲間同士の対立にまで発展する……。不条理ホラーの天才作家の長編、完結!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いしころか。。。いしころか!!!

    なんとなく、わかる気がする

    生きづらいこの世の中で
    ある意味の生のあきらめ

    でも、幸せなまま
    死ぬことができたなら
    いいんじゃないかな。

    珍しく、ハッピーエンドだ!

  • 下巻は一気に読んだ。こういう結末、良いと思う!ムカつくけど、サクが好き。

  • だんだんみんなが狂っていく様子が凄く狂気を感じました。
    ただ、最後の展開が早すぎて少し残念でした。

  • 面白い作品だったが、最後走りすぎた気がする。
    そのせいか、煮え切らない思いがある。

  • 面白かったけど…神官と魔女の思考を許容できない。

  • ホラーだけど
    霊がでてくるとかじゃなくて
    読みやすかったです

  • ※ネタバレ注意








    結局地盤沈下だったし、最後には皆死んでしまってあっという間に物語が終わってしまった感じでした。

    もう少し何か捻って欲しかったかなあと。

    けどやっぱり人間って極限状態になると、判断力とか鈍るし、少しのことで疑心暗鬼になったり、自分が生きるためならば友達ですら利用して殺してしまうのかなと思い恐くなりました。

    今自分がどれだけ安定された環境で生かされているのか、改めて考えて、自分は幸せだなと思いました。

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

1985年東京都生まれ。一橋大学経済学部卒業。2009年に『!(ビックリマーク)』でデビューし、若者を中心に支持を得る。著書に『郵便配達人 花木瞳子が盗み見る』『一番線に謎が到着します』など多数。

「2016年 『文藝モンスター』 で使われていた紹介文から引用しています。」

暗黒学校〈下〉 (アルファポリス文庫)のその他の作品

暗黒学校〈下〉 単行本 暗黒学校〈下〉 二宮敦人

二宮敦人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

暗黒学校〈下〉 (アルファポリス文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする