蛟堂報復録〈8〉

著者 :
制作 : かなみ凪 
  • アルファポリス
3.13
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 32
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434174933

作品紹介・あらすじ

幼い頃、辰史は夢で知った女性に思い焦がれていた。そして、いつか彼女と現実で出会うことを望んだ。二十年後、ようやくその女性——天月比奈と邂逅を果たす……「殺生石」。兄に殺されかけた弟。彼はなんとか一命を取り留めるが、兄の憎悪は収まらなかった。今もなお、病院に入院している弟の命を狙い続けている……「歌う骨」。以上の2編を収録。大好評天才陰陽師シリーズ第8弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 昔語りから始まるのだが、なんで比奈さんが寝てんのか思い出せず。駄目な記憶力。

  • 次が最終決戦かな?
    歌う骨ってホラー過ぎる(笑
    まぁ、報復の時は怖いより醜いというか…
    幼なじみの女の子ドンマイくらいしか感じられなかった

    後、歌う骨の置物って7巻の表紙に描かれているやつだと思った

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1985年静岡県生まれ。2007年にwebサイト上で創作小説を書き始める。08年。「蛟堂報復録」で第1回アルファポリスミステリー小説大賞を受賞しデビュー。同書は以下7巻まで続く人気シリーズに。他の著書に『六道の使者』『ラスト・メメント』がある。

「2018年 『真夜中のオカルト公務員』 で使われていた紹介文から引用しています。」

蛟堂報復録〈8〉のその他の作品

鈴木麻純の作品

ツイートする