レディ・ウォーカーと海竜の島 (レジーナブックス)

著者 :
制作 : 笠井 あゆみ 
  • アルファポリス
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434175015

作品紹介・あらすじ

いかさま師の娘として孤独を抱えつつも、遺跡探索を生業にし、一人暮らしをしているセラ。
そんな彼女のもとに、海竜の血を引くコルテス商会の次男坊、エレミオが訪ねてきた。彼は毎晩、同じ夢にうなされるという。それは誰かが自分にマルゲリア島に来いと訴えかける夢——。マルゲリア島は、現在敵対関係にあるラクイア王国にあり、かつて「海竜の民」が住んでいたとされる島。その島の歴史に詳しいセラに旅の同行を依頼するエレミオ。彼女は渋々その申し出を受けるのだが……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (15-12) 主人公・セラは有能で一人で生きていける女性なのに、実は平凡で誰かのおかみさんになって子供に囲まれて・・・という夢を持っている。よくあるファンタジーでは、そういうことを嫌って飛び出す女の子が多いのに逆だった。その点が面白いと思った。
    気楽に楽しめる本が読みたいと思って選んだラノベファンタジー。思っていたとおりだったので満足です。この作者の他の作品も読んでみたくなった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

2011年、「太陽王と灰色の王妃」で出版デビューに至る。「雇われ聖女の転職事情」など、その他の著書多数。

「2017年 『婚約破棄されたので王宮の裏ボス目指します!2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

レディ・ウォーカーと海竜の島 (レジーナブックス)のその他の作品

雨宮れんの作品

ツイートする