ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり〈3〉動乱編〈下〉 (アルファポリス文庫)

著者 :
  • アルファポリス
3.92
  • (15)
  • (19)
  • (16)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 185
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434179389

作品紹介・あらすじ

累計70万部突破!超人気の自衛隊×異世界ファンタジー、文庫化第三弾・後編!突如皇帝が病に倒れ、皇太子ゾルザルによる恐怖の暴政が始まった——。その報せを受けた日本政府は、和平推進派の帝国要人を保護するため、帝都に自衛隊空挺団を派遣し、大規模な特殊軍事作戦を決行する。上空を無数の落下傘が舞い、瞬く間に帝都を制圧する自衛隊。一方、急ぎ駆けつけた伊丹や異世界の美少女達も、孤立する皇女ピニャを救うべく、戦火の中に飛び込んでいく!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 皇帝の思い通りに動くのか?ガンバレ自衛隊。

  • (上下巻共通)
    実のところ、もっと早く政治的ないざこざが起きていても良かったんじゃないかとも思いますね。
    正式には国家間の関係が交戦状態から改善していないわけだし。
    主人公と異世界側のレギュラーが中心になってしまったので、分隊メンバーの活躍が減ったのがちょっと残念。
    隊単位で活躍する方が自衛隊ものらしかったと思うんだけれど。

  • 2016/03/13〜2016/03/14
    星4→星3 (評価変更)

     読んでいる間にアニメを追い越した。この巻はアニメ一期20話〜??話までのお話。
     テューレの扱いがアニメ版とそれなりに異なっていて驚いた。他の登場人物も扱いが異なっていたり、アニメ版ほどステレオタイプを誇示する振る舞いをしなかったりしているが、テューレに関してはそれが際立っているように感じた。
     ブクログ上の他の方のレビューを見ると「上巻最後の引きは良かったのにそれが下巻ではなかなか解消されなかった上に、いざ解消されたと思ったらあっさりとしたものでがっかりした」みたいなことが書いてあったが、同感。元々単行本を分冊して上下巻にしただけに、そのあたりの編集は上手くいかなかったのだろうか。
     元々「ゲート」シリーズにおいて時系列をばらばらにして書き下す形の段落編成はよく用いられている。「起承転結」の順番だけ入れ替えて「起結承転」にしたみたいな形。僕はこの書き方だと意外性や躍動感が薄れてしまうような気がしてあまり気に入っていない。「がっかり」にはそういう理由もそういうのもあるかもしれない。

  • えー、記憶が怪しくなってきたのでア〇ゾンの説明を参照。

    突如皇帝が病に倒れ、皇太子ゾルザルによる恐怖の暴政が始まった―その報せを受けた日本政府は、和平推進派の帝国要人を保護するため、帝都に自衛隊空挺団を派遣し、大規模な特殊軍事作戦を決行する。上空を無数の落下傘が舞い、瞬く間に帝都を制圧する自衛隊。一方、急ぎ駆けつけた伊丹や異世界の美少女達も、孤立する皇女ピニャを救うべく、戦火の中に飛び込んでいく!超人気の自衛隊×異世界ファンタジー、文庫化第三弾・後編!

    そう、そんなハナシだった。たしか。

  • 上巻がなかなか良いところで終わっていたのに、下巻の最後まで放置。しかもあっさり片付けられた。もともと一冊だったのを分けているから仕方ないとはいえ構成、もうちょっとどうにかならなかったかな。ついに帝国が崩れ特地との関係はどうなるのかさらに読めなくなった。

  • ついに
    シェリーちゃん大勝利?菅原陥落?
    まあ退場した御両親の分までしあわせになってほしい
    二人ではある…前途多難そうだけど。

  • 感想は上巻に書きました

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

東京都在住。自衛官を経験した後、2006年に自営業を開業。本業に従事する傍ら、インターネット上で精力的に執筆活動を展開し、2010年4月、「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 1.接触編」で出版デビュー。シリーズ累計600万部のミリオンセラーとなる。他に「氷風のクルッカ 雪の妖精と白い死神」(アルファポリス文庫)、「Walhalla《ワルハラ》-e戦場の戦争芸術-」(ブレイブ文庫)などがある。

「2021年 『ゲート SEASON2 自衛隊 彼の海にて、斯く戦えり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柳内たくみの作品

ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり〈3〉動乱編〈下〉 (アルファポリス文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×