ゲート 3―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり (アルファポリスCOMICS)

著者 :
  • アルファポリス
3.94
  • (16)
  • (31)
  • (18)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 276
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434180484

作品紹介・あらすじ

シリーズ累計80万部突破! 超スケールの異世界エンタメファンタジー、待望のコミカライズ第3弾! 「門」をくぐり、伊丹は異世界の美少女達を引き連れて、日本へ戻って来た。その目的は国会での参考人招致に応じるため。多少の波乱はあったものの、彼らは無事にその役目を果たす。次は温泉で骨休め……のはずが、米・中・露の工作員が彼らに迫っていた——

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • やっぱり、異世界ものは異文化のギャップに驚くところがワクワクするなぁ✨テュカ、レレイ、ローリィの3人が日本に来ての話はやっぱり面白い。

  • 日本で満喫する面々。帰国まで。
    国会招致とか、うん、ありえそうな展開。
    そして相変わらずの米・中・露。
    ほんと近場の国は恐ろしい。

  • ジェノサイド温泉

  • これで原作一巻目が終わり。日本編。国単位では全く現代軍に敵わない異世界人だが、戦術単位では圧倒する場合があるというアベコベさが面白い。原作は全部で五巻あるので、単純に考えて一五巻程度まである計算になるが、正直十巻くらいに収めて欲しい。

  • 政治的な話は面白いよね。

    割と休日ネタは盛り上がらなかったが。

    うちの特殊作戦軍はこんなに強かったけ?

  • 阿神ロゥリィ

  • 各機関がかちあったとこが好き

  • 早くも3巻登場です。話しの展開早いのはいいんだけど途中にある逃走劇とか端折り過ぎな感じがするので単行本にする際は1話でいいので書き下ろしで入れて欲しかった!
    まあなくても話しは通じるんだけどね…、せっかく原作が終了してて追い付くとかないので出来ればやって欲しいな〜

  • 0979

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都在住。自衛官を経験した後、2006年に自営業を開業。本業に従事する傍ら、インターネット上で精力的に執筆活動を展開し、2010年4月、「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 1.接触編」で出版デビュー。シリーズ累計600万部のミリオンセラーとなる。他に「氷風のクルッカ 雪の妖精と白い死神」(アルファポリス文庫)、「Walhalla《ワルハラ》-e戦場の戦争芸術-」(ブレイブ文庫)などがある。

「2021年 『ゲート SEASON2 自衛隊 彼の海にて、斯く戦えり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柳内たくみの作品

ツイートする
×